腕がしびれる!それは胸郭出口症候群かも?

胸郭出口症候群とは、首からでる数本の神経が束になってネットワークを作る腕神経叢(わんしんけいそう)と、心臓から出て腕へ向かう鎖骨下動脈あるいは鎖骨下静脈が、首の根元の部分で筋肉や肋骨、鎖骨などに挟まれて、肩から腕にかけていろいろな症状をきたす病気です。

症状としては、片方の頚部から肩、肘、指先にかけて痛み、しびれ、だるさなどがあらわれます。

男性よりも女性が2~3倍多く、多くの患者さんは20~30代で発症します。女性ではなで肩で痩せている方が多いのですが、男性ではむしろ筋肉質の方が多いようです。

首や肩の疾患と間違われることが多く、またMRIなどで首に異常が見つからないため、医師から適切な治療を受けられない患者さんもおられるようです。

腕がしびれて「胸郭出口症候群」と思われる方は

 

施術としては、緊張した筋肉を緩めるだけでは無くなぜ、そういった状態に身体がなっているのか原因を突き止めることが大切です。

ふれあい整骨院では、骨盤のズレや身体の歪みをチェックしてなぜ症状が出るのか原因を見つけていきます。

整骨院と聞くとボキボキしたり、痛いイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、やさしく触れるだけで正しいバランスに調整してあげて根本の原因を取り除いていきます。

日常生活では、

上肢が重みで下方へ引っ張られると症状が悪化することが多いので、デスクワークやパソコン作業などの際にはなるべく、腕を机の上に乗せて、肩が下方へ引っ張られないようにすると症状が軽減しやすくなります。

また、冷房などで首や肩を冷やしてしまうと症状が強くなってしまうので首元をカイロや蒸しタオルなどで温めるのもオススメです。

肩の痛み・こり

関連記事