腰椎椎間板ヘルニア

なぜ腰椎椎間板ヘルニアを改善出来るのか?

下矢印

それは、原因となる背骨や骨盤をアプローチするからです。

お客様の声

不思議なくらい痛みが取れてぐっすり眠れます!

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ヘルニアの方こんななやみでお困りではありませんか

  • 腰から足先にかけてシビレ痛みがある。

  • 仕事中立ったり座ったりしていると腰痛が起こる。

  • 座った状態から立ち上がるのが辛い

  • 前かがみの姿勢で痛みが強くなる

  • 椅子に腰掛けているのが辛くなる

  • 坐骨神経痛がおこる

下向き矢印

ふれあい整骨院が解決します。

骨盤の歪みから全身の歪みへ

椎間板ヘルニアによる痛みやシビレは、身体の歪みによって血管や神経が圧迫されるために起こります。

身体が歪むと、全身のバランスが崩れた状態になり、筋肉に痛みやコリを生じさせ、

しいては、椎間板や神経に負担をかけ、痛みやシビレへとつながっていきます。

骨盤が歪む

不調の原因「歪み」を取り除くには、背骨や骨盤の矯正が重要です!

歪みを取り除くには骨盤を正しい位置に戻し、背骨をまっすぐにすることが重要です。

なぜなら骨盤が歪んで傾くと、背骨も傾き、首や肩のバランスも崩れ身体全身が影響を受けてしまいます。

骨盤は家で例えるなら土台部分

例えば地震や何かの原因で家の土台が歪むとその上にある柱が傾き、屋根まで傾いてしまいます。

それと同じ状態が身体にも起こってしまうのです。

背骨や骨盤を矯正することで全身の骨格や筋肉のバランスが整い、痛みやシビレなどの症状も改善してくるのです。

当院だけの改善法

当院は「ボキボキ」したり「痛い」施術ではありません!

施術法

身体を正しく整えることの重要性が解っても、骨を「ボキボキ」したり痛い思いをするんじゃないかと、不安を感じる方が多いことでしょう。

また、マッサージは一時的に気持ちよいかもしれませんが、身体の歪みが改善するわけではありません。

無理に骨をボキボキして、痛いのを我慢したのに、かえって痛みが強くなってしまったという経験は無いでしょうか?

当院は、ボキボキしたり痛い施術ではありません。

優しくふれながら身体の歪みを取り除き神経やリンパ、血液の流れを改善し、身体に本来備わった回復力を発揮できるようになる施術法です。

福岡では唯一の施術法で、年間約1万人以上の方に改善を実感していただいています。

腰椎ヘルニアで知っておくべきこと

腰椎の椎間板が飛び出して強い腰痛を引き起こす

ヘルニアでいたむ人

椎間板は、背骨の骨と骨の間にある軟骨です。中心部にゼリー状の髄核があり、その周囲を繊維輪という丈夫な組織が包む構造になっています。そのため、椎間板は弾力性に富み、背骨に加わる衝撃を吸収する役目を果たしています。

この椎間板に大きな圧力が加わったりすると線維輪に亀裂が入り、中の髄核が脱出することがあります。これが「椎間板ヘルニア」で、腰椎に発生したものを「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。

腰椎椎間板ヘルニアでは、多くの場合、強い腰痛が起こります。椎間板の後ろ側から神経が出ており、神経が圧迫されて炎症が起こることで痛みが発生します。

なぜ起こるのか?

腰に負担をかけたり、腹筋や背筋が弱いと起こりやすい

同じ姿勢でパソコンをしている人

椎間板ヘルニアは椎間板の内圧が高まることで起こりますが、この内圧は姿勢によって変化します。寝ているときに比べ、立つと体重によって内圧が高くなり、特に腰に負担のかかる前かがみの姿勢だといっそう内圧が増します。このときに重い荷物を持てば、さらに内圧は高くなります。

また、腰椎を支えている腹筋や背筋が弱いと、腰にかかる負担が大きくなり、腰椎椎間板ヘルニアが起こりやすくなるといえます。

前かがみの姿勢で作業する人や、座ったまま長時間過ごす人は、腰椎の椎間板に負担がかかります。バスやタクシーの運転手に腰椎椎間板ヘルニアが多いのは、長時間座り続けることが原因と考えられます。

また肥満している人は、体重による椎間板への負担が大きくなります。そのため、腰椎椎間板ヘルニアは、肥満している人にやや多い傾向があります。

ただ、こうした要因だけで起こるのではなく、実際には、先天的な素因が大きく関係していると考えられます。

重い荷物を持ち上げた瞬間に起こる病気と思われていますが、こうしたケースはあまり多くはありません。実際には、ストレスの強い生活や、夜更かしするような不規則な生活が引き金となって起こる事が多いのです。

腰椎椎間板ヘルニアを改善するポイント

整骨院 整体院

手術を受けた患者さんでも、無理をすると再発することがよくあります。なるべく腰に負担をかけない生活を心がけます重い荷物を持ち上げるような作業はもちろん、同じ姿勢で長時間座り続けることも腰に負担をかけます。デスクワークや車の運転をするときには、時々腰を伸ばすとよいでしょう。

症状が落ち着いたら、積極的に筋力強化に取り組むことも再発防止に役立ちます。特別なトレーニングでなくとも、毎日1時間程度歩くようにすれば、自然に筋力が強化されます。

歩くのは肥満を防ぐにも効果的で再発予防に役立ちます。

また椎間板ヘルニアは不規則な生活をしている人に多いので規則正しい生活を送るように心がけます。禁煙したり、過度の飲酒を慎むことも再発を防ぐことにつながるでしょう。

連絡先

メディア掲載多数

新聞 雑誌

選ばれる6つの理由

理由1

年間の施術実績

理由2

痛くない施術画像

理由3

原因の見極め説明画像

理由4

再検査画像

理由5

自宅で出来る改善法画像

理由6

すべて院長が施術を行う

皆の笑顔

院長のメッセージ

追伸

連絡先 0942-31-0670