足の裏の痛み

久留米市のふれあい整骨院

口コミランキングで1位になりました

「足の裏の痛み」

こんな悩みありませんか

  • 長時間立っていたり歩いたりしていると土踏まずが痛くなる。

  • 朝起きて足をついた時に痛い

  • つま先立ちすると、足指の付け根が痛い

  • つま先に体重移動して、蹴りだす動作に、痛みがある

  • 歩いてしばらくすると痛みや痺れが出る

下矢印

ご心配いりません

足の裏の痛みと場所について

足裏の説明

足の裏の痛みと言っても足の裏全体が痛いという人は少ないです。

どこか部分的に痛かったり、特定の状況で痛くなる箇所があったりかと思います。

痛みの出ている場所によって、異なった診断となるのです。

どこが痛いのかで、おおよその判断ができますので、そちらをご紹介します。

足の裏の痛みの原因

足裏が痛い人

大きく次の4つが考えられます。

・土踏まずが痛い→偏平足

・土踏まずから踵にかけて痛い→足底筋膜炎(偏平足の人にも多い)

・足指の付け根が「ジンジン」」と痛い→中足骨骨頭痛(ハイヒールを履くほとんどの人が経験)

・足指と足指の付け根の間が「ビリッ」と痛い→モートン病

他にも、外反母趾・魚の目・足底繊維腫・痛風・糖尿病障害などが原因の場合もあります。

痛みの原因の見分け方

痛みの原因の見分け方説明

【偏平足】

長時間立っていたり、歩いたりしていると土踏まずが痛くなる。

【足底筋膜炎】

朝起きて足をついた時・踵が地面についた時・踵の内側を押した時・歩行や運動をした時

 【中足骨骨頭痛】

足指の付け根の真ん中にタコができ、その周辺が痛い。

足指の付け根に初めは違和感があり、だんだん痛みが強くなる。

つま先立ちすると、足指の付け根が痛い。

【モートン病】

靴を履かずに、足に何の圧力もかかっていないと痛くない。

歩行の踏み返し時(つま先に体重移動して、蹴りだす動作)に、痛みや痺れがある。

歩いてしばらくすると痛みや痺れが出る。

痛みを取り除くには?

偏平足:崩れてしまっているアーチ状の骨格構造がもとに戻るようにすることです。

足裏の筋肉の衰えが原因なので、靴を足に合ったものや負担の少ないものに替える、適度な運動をするなどしましょう。

足底筋膜炎:痛みのもとである炎症を消炎剤などを使って、落ち着かせましょう。

中足骨骨頭痛:高いヒールの靴を履くのは、出来るだけ避けましょう。

履くのであれば、3~4センチのヒール高のものにしてください。

モートン病圧迫されていることが原因ですから、履いている靴を見直してください。

足幅に合った靴を選び、ヒールも3センチくらいのものまでにしましょう。

また、紐靴の場合は、紐をきつく締めすぎないように気を付けてください。

ご紹介したセルフケアをしても、痛みがなくならない場合は、施術を受けることが必要な状態だと思われます。

そんな時には、久留米のふれあい整骨院までご相談下さい。

当院だけの施術

久留米市のふれあい整骨院にお任せください

施術風景

足裏の痛みに対する施術は、痛い所ばかり見ていると治りにくいと思います。

「ふれあい整骨院では、何が原因で今の辛い症状が出ているのか?」

原因を見つけて施術をすることがもっとも必要だと考えています。

足裏の痛みを根本的に改善するには骨盤のゆがみを取り除き、本来の正しい肢位に矯正することが大切です。

合わせて、日常生活のクセを見直したり、正しい姿勢や動作を身に付けるなど、ご家庭で気を付けられる事もアドバイスさせていただきます。

ぜひ久留米ふれあい整骨院で、足裏の痛みを改善してください。

電話番号0120-31-8152

メディア掲載されました

紹介された新聞や雑誌

選ばれる理由

その1

年間1万人以上の施術実績

その2

痛くない施術

その3

原因を見つける

その4

施術後にお互いが確認

その5

日常生活アドバイス

その6

院長が施術

皆の笑顔写真

メッセージ

追伸画像

電話番号0120-31-8152

トップページ