テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

なぜ、テニス肘が楽になるのか?

下矢印

原因の一つである背骨や骨盤の歪みを整えるから

久留米市のふれあい整骨院

口コミサイトで人気の整骨院

こんな悩みありませんか?

  • テニスでボールを打つと肘が痛い

  • キーボードマウスの操作が肘が痛くて出来ない

  • 肘が痛くてジャムの瓶のフタが開けられない

  • ドアのノブを回すと肘が痛い

  • フレイパンを持つと肘が痛い

  • 肘が痛くてぞうきん絞れない

下矢印

ふれあい整骨院が解決します。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の原因は?

テニスをしている

テニスのラケットなど物をしっかり握った時、手首は反り返ります。

ラケットを振ってボールを打ち返す動作を繰り返すテニスのプレーでは、手根伸筋という手首を伸ばす筋肉に負担がかかります。

この手根伸筋は他の筋肉に比べて薄く、肘の外側の上腕骨外側上顆で骨と接合されています。

その接着部分に起こる障害がテニス肘(上腕骨外側上顆炎)です。

テニス以外に、卓球やバトミントンなどの球技でも発症します。

また、フライパンなど片手で持ったり、ぞうきんやタオルを絞ったり、重い荷物を片手で持つなどの家事・炊事をおこなう主婦にも発症することがあります。

手首に不自然な負荷がかかることが要因と言えるでしょう。

テニス肘の症状

肘の症状

安静にしている時は痛みを感じなくても、重い物をつかんで持ち上げたり、ペットボトルやびんのフタをひねったりする動きをすると痛みに襲われます。

はじめは接合部分の腱に小さな断裂が入っただけの状態でも、引き続き負荷をかけ続けると症状はどんどん加速します。

筋肉や腱の変性、石灰化したり、上腕骨外側上顆のあたりに異常な血管や神経線維が増えたりして激しく痛み重症化しては厄介です。

日常生活にも支障をきたし、変形することもあるでしょう。

テニス肘になってしまった時、病院でうける指示や手当は、

・安静を保つ

・サポーターを装着する

・湿布を貼る

・ステロイド注射をする

1日でも早く治って欲しいのに、即効性の方法が見つからずに悩んでいる方も多いのではないのでしょうか?

当院が考える理論

痛みの種類は3つである

それを作っているのが歪み

背骨や骨盤の歪み

骨盤は家の土台と同じ

マッサージをしてごまかしてもよくならない

骨盤がそろい全身のバランスが整った

症状が楽になる

当院の施術

テニス肘を改善する施術法とは

テニス肘で痛む場所は肘ですが、だからといって肘だけのケアでよいのでしょうか?

施術風景

堅くなってしまった筋肉をほぐした直後は楽になるのですが、しばらくするとまたすぐに肘に痛みがおこってきます。

マッサージや指圧により肘周りの筋肉がほぐれると血行がよくなり、一時的に楽になります。

しかし、すぐにまたつらいテニス肘(上腕骨内・外側上顆炎に戻ってしまうのはなぜでしょうか?

人間の身体は筋肉にしても骨にしても、全体とつながっています。

久留米のふれあい整骨院はテニス肘で痛む箇所だけでなく身体の歪みや肩関節の可動域制限を取り除き、本来の正しい肢位に矯正して上腕骨外側上顆炎 (テニス肘)の原因を改善していきます。

テニス肘にお困りの方、1日でも早く改善にふけて一緒に頑張っていきましょう。

お気軽にお問い合わせください。

メディア掲載されました

紹介された新聞や雑誌

選ばれる6つの理由

理由1

年間1万以上の施術

理由2

福岡で唯一の施術法

理由3

すぐに戻りにくい

理由4

改善をお互いが確認

理由5

日常生活の指導を行う

理由6

国家資格を持った施術者

お客さまの笑顔

料金表

各種保険取り扱い

メッセージ

追伸

お気軽にお問い合わせください。

トップページ