脊柱管狭窄症で悩んでいませんか?

もう大丈夫

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で悩んでいませんか?

もう大丈夫

口コミランキングで1位に選ばれた

紹介された新聞や雑誌

こんな悩みありませんか

  • 腰からお尻、足にかけて痛みやシビレがある

  • 歩くと腰から太もも、足にかけて痛みやシビレが起きる

  • 整形外科で脊柱管狭窄症と言われたが、症状が改善しない

  • シップ痛み止めを飲んでも効果が無い

  • 「加齢のせい」と言われたが、どうにかして症状を改善したい

下矢印

ふれあい整骨院が解決します

脊柱管狭窄症で知るべきことは?

なぜ?あなたの下肢のシビレや痛みは今まで改善しなかったのか?

脊柱管狭窄症で悩んでいる人

整体院や接骨院で痛みやシビレの施術を受けても、根本的な原因の改善がなされない限り、時間を無駄にしてしまう場合があります。

病院での精密検査を行わず、「加齢のせい」「労働のせい」「日頃の姿勢のせい」という自己判断のもと、施術を受けに来られる方に多く見られるケースです。

こうした方の多くが、症状の内容を漠然としたイメージで捉えています。

痛みやシビレを感じる箇所の特定は、施術を行う上でも、非常に重要な情報となります。

また、似たような症状でありながら、原因が全く異なる病気もあるのです。

実は、脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの症状は似ているんです!

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、脊柱管狭窄症と良く似ています。

ヘルニアとの違い

下肢のしびれや痛みといった症状は全く同じですが、レントゲンやMRIでの検査を行うと、明確な違いを確認することができます。

椎間板ヘルニアは、椎間板の中の髄核(ずいかく)を取り囲む線維輪が何らかの原因で破損することから起こります。

この破損した箇所から飛び出た髄核(ずいかく)が、神経を圧迫して、はじめて痛みやシビレといった症状を自覚します。

歩くと腰が痛い、足にしびれや痛みが出る、などの症状を感じている場合、脊柱管狭窄症の疑いがあります。

脊柱管狭窄症と腰椎ヘルニアとの違い

「腰の脊柱管狭窄」とは、腰の脊柱管が狭くなることで、

痛みを感じている場所

脊柱管の中を通っている神経の束や、脊柱管から出ていく神経の根元が圧迫され、腰の痛みや足のシビレなどの症状を起こす疾患です。

腰椎椎間板ヘルニアと決定的に違う症状は、長時間、連続して歩行することが困難である間欠性跛行(かんけつせいはこう)が現れているかどうかにあります。

原因としては、先天性のほか、加齢による背骨の変化が原因であることが多いです。

高齢者に多く見られる疾患ですが、若いときに重労働をして重いもの持つ仕事をしていたり、腰を傷めたりした人、長時間運転をする人などはこの疾患になりやすいと言われています。

当院が考える痛みの理論

痛みの種類は3つ

背骨や骨盤の歪みが問題

脊柱管狭窄症を改善するには?

そもそも、あなたの身体がこんな状態だったら・・・

痛いところを揉む「マッサージ」や「電気」、「シップ」、「痛み止め」、「ストレッチ」等で良くなると思いますか?

骨盤と土台の関係

なぜなら、骨盤が歪むと、背骨も傾き、首や肩のバランスも崩れてしまいます。

例えば、地震や何かの原因で家の土台(骨盤)が歪むとその上にある(背骨)が傾き、屋根(肩)まで傾いてしまいます。

それと同じ状態が身体にも起こってしまうのです。

背骨や骨盤を矯正することで全身の骨格や筋肉のバランスが整い痛みやシビレの改善してくるのです。

 

当院だけの改善法とは

脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

痛い場所だけの施術で痛みをごまかしていませんか?

説明風景

当院はすべての症状に対して先ずは 身体の歪みをチェックさせていただいています。

そして『骨盤を正しい位置』に戻して『背骨をまっすぐ』にし『肩のバランス』を整えることで、痛みを改善し、さらに再発まで防ぐ施術を行っています。

ふれあい整骨院では、やさしく痛みのない施術で、歪みをミリ単位で整えるだけではなく「短時間」で身体の変化を実感できる施術を行っています。

脊柱管狭窄症の症状でお困りの方

何とかしますから、ぜひ来てください!!

平日は予約なしで8時までOK

多くのメディアから注目されました。

元チェッカーズ鶴久さんご来院

黒田アーサーさんご来院

雑誌健康で紹介

なぜ?最初に選んでいただけるのか?

選ばれる6つの理由

理由1 年間1万人以上の施術実績

理由2 ボキボキしない施術

理由3 メディアから紹介

理由4 国家資格が施術を行う

理由5 身体の変化を実感できる

理由6 妊婦さんでもOK

元気になられたお客様の笑顔

今の痛みやシビレから卒業してもらうことを目標に施術を行っていきます。

ふれあい整骨院の施術

注意事項

追伸

平日は予約なしで8時までOK

トップページ