ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

なぜ、ゴルフ肘が楽になるのか

下矢印

原因にアプローチするから

もう大丈夫

口コミサイトでも人気の整骨院

こんな悩みありませんか

  • ゴルフスイングをした際に肘が痛い

  • 肘の内側を触ると痛みがある

  • 肘の曲げ、伸ばしがしずらい

  • ドアノブを回す際に痛みが出る

  • 動かさなければ、平気だが腕を動かす激痛

  • ボール投げる際も肘が痛い

下矢印

ふれあい整骨院が解決します

ゴルフ肘で肘の内側が痛みませんか?

ゴルフ肘は、正しくは「上腕骨内側上顆炎」とも呼ばれ、肘の内側の出っ張り部分(内側上顆)が痛みます。

ゴルフ

これに対し、テニス肘は肘の外側のでっぱり部分(外側上顆)が痛みます。

スポーツによって使う筋肉や使い方も違ってくるからです。

ゴルフ肘は、肘から先の筋肉の緊張により、上腕骨内側上顆に負担がかかって起こるので肘から先の動きが大きく影響します

安静にしているときはほとんど痛みはありませんが、特定の動きをすると、肘の内側に疼痛(ズキーンと痛む)が生じたり、内側上顆部を押すと、痛んだり不快な感覚が生じます。

ゴルフ肘と言うと一般的には肘の内側が痛い方が多いですが、人によっては肘の外側が痛む方もいます。

ゴルフ肘の原因は間違ったスイング?

ゴルフ肘で肘が痛い

ゴルフ肘で痛めやすい内側上顆には、指や手首を曲げる手根屈筋と肘を曲げたり内側にひねったりする円回内筋がつながっています。

例えば、ドアノブをひねる時、手首の回転で開けているように思えますが、実は肘から回転させていることはお気づきですか?

この手首の回転、腕のひねりによる過度の負荷によってゴルフ肘は発症します。

ゴルフ好きの方なら、ゴルフは腰と肩でスイングするのになぜ?という疑問が浮かぶかもしれません。

その通りで、正しいスイングの時は肘に負担はかかりません。

しかし、腰の回転や肩を上手に使うことができていないとき、そのマイナス分を手首の動きで補ってはいませんか?

また、ゴルフをはじめて間もない方などダフってしまい、手首を痛めることがあります。

ショットする時にクラブヘッドがボール手前の地面を打ってしまった経験は、けっこうみなさんお持ちのようです。

飛距離が伸びないだけでなく手首のケガにもつながり、心まで折れてしまいそうになります。

当院が教える痛み理由

痛みの種類は3つ

それを作っているのが歪み

柱と背骨の関係

土台と骨盤の関係

痛みをマッサージなどでごまかしていませんか?

骨盤がそろった状態

身体の変化を実感できる

当院だけの施術とは

ゴルフ肘を改善するためにふれあい整骨院が出来ることは

ゴルフ肘を改善するには、知らず知らずのうちに歪んでしまっている身体を正常に整えることが、先ずは大切です。

施術風景

なぜなら、腰や背骨の歪みや緊張が肩関節の動きを制限してしまっている事が多いので、骨盤調整と肩関節の調整は非常に大事になってきます。

さらに橈骨と尺骨のズレを正常な位置に調整して、肘関節の働きを正常に戻す。

また、手首を曲げる筋肉と伸ばす筋肉の緊張を取り除き、肘への負担を減らすようにします。

久留米のふれあい整骨院は、ゴルフ肘の痛みの改善とともに再発予防にも力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

メディア掲載されました。

紹介された新聞や雑誌

選ばれる6つの理由

理由1

年間1万以上の施術

理由2

ボキボキしない

理由3

直ぐに戻りにくい

理由4

身体の変化をお互いが確認

理由5

日常生活の指導を行う

理由6

国家資格者が行う

料金表

各種保険取り扱い

メッセージ

追伸

お気軽にお問い合わせください。

トップページ