ジャンパー膝

なぜジャンパー膝が楽になるのか?

下矢印

原因の骨盤の歪みから改善するからです

もう大丈夫

口コミランキングで1位になりました

こんな悩みありませんか

  • スポーツ直後に膝のお皿の下が痛くなる

  • 運動開始時と運動に膝のお皿の下が痛くなる

  • とくにダッシュジャンプの動作で痛みが強い

  • とくにジャンプでは着地した時に痛みが強い

  • 歩くだけでもお皿の下が痛い

下矢印

ふれあい整骨院にお任せください

ジャンパー膝とは?

ジャンパー膝は別名「膝蓋腱炎」ともよばれるスポーツ障害の一つです。

ジャンパー膝の説明図

バスケットボールやバレーボール、ボールを蹴るサッカー、ダッシュを繰り返すスポーツなどで多くみられます。

これらのスポーツはみな、膝を伸ばしたり衝撃を和らげたりする膝伸展機構の働きにより、スムーズに行うことができます。

膝伸展機構に障害が起きますと、痛みや腫れが生じ、ひどい場合には、膝蓋腱が完全に断裂し、歩けなくなることもあるでしょう。

膝伸展機構は、大腿四頭筋、膝蓋骨(お皿)、膝蓋腱で構成されています。

太腿前面の筋肉(大腿四頭筋)は膝のお皿(膝蓋骨)を覆い、膝蓋腱となり、膝下のスネの骨(脛骨)と繋がっています。

ジャンパー膝は、大腿四頭筋が硬くなり、膝蓋骨の下の膝蓋腱が引っ張られて起きる炎症です。

痛みを取り除くためには

大腿四頭筋の説明図

膝に痛みがでたら安静にし、運動を控えることも大切です。

ただ、安静にするだけでは、ジャンパー膝を完治させるのは難しいでしょう。

使いすぎによって、筋肉に疲労がたまり、硬くなり柔軟性を失ったため、膝蓋腱が引き上げられてしまいます。

その膝蓋腱を引っ張りあげているのは、大腿四頭筋と言われる筋肉です。

それを改善するために間違った無理なストレッチやマッサージでは逆に筋肉をこわばらせてしまいますので注意してください

普段の生活や動きにジャンパー膝の原因は潜んでいます

同じ練習や動きをしていても、ジャンパー膝にならない人もいるのはなぜ?

施術風景

その原因が、単なる膝の使い過ぎだけではなく、体の歪みにもあるとしたら、安静にして痛みが無くなったと思っても、すぐに再発を繰り返してしまいす。

先ずは、身体の歪みを改善する事が「再発防止の第一歩」だと考えています。

しかし、自分で身体の歪みを見つけ、改善することはかなり難しい事です。

ぜひ、久留米の整体口コミNO,1ふれあい整骨院までご相談ください。

痛みの原因を作る歪みを改善しさらには無痛でジャンパー膝を改善させていきます。

当院が教える痛みの理由

痛みには3つの種類があります

それを作っているのが骨盤や背骨の歪みです

骨盤は家で例えるなら土台

土台と骨盤の関係

痛いところだけをマッサージしていませんか

骨盤がそろった状態

身体の変化を実感できる

電話番号0120-31-8152

メディア掲載されました

紹介された新聞や雑誌

選ばれる6つの理由

理由1

年間1万以上の施術実績

理由2

福岡で唯一の施術法

理由3

原因を見極める

理由4

施術後にお互いが効果を確認

理由5

日常生活の指導を行う

理由6

院長が行います

皆の笑顔

院長からのメッセージ

追伸

お気軽にお問い合わせください。

トップページ

関連記事