もう大丈夫

シンスプリント

もう大丈夫

口コミ1位になりました。

紹介された新聞や雑誌

こんな悩みありませんか

  • 走ると脛(すね)の内側痛みが出てしまう

  • 脛(すね)の内側を触ると痛い

  • ジャンプをすると脛(すね)が痛い

  • 病院でシンスプリントと診断されたが、なかなか良くならない

  • 体重をかけると足に痛み走る・・・

  • 痛みで満足に運動が出来ない

下矢印

ふれあい整骨院にお任せください

シンスプリントとは

スポーツを始めてから脛(すね)の内側に痛を感じていいませんか?

脛が痛い人

もしかしたらそれはシンスプリントというスポーツ障害かもしれません。

シンスプリントとはスネの内側やふくらはぎに鈍い痛みを感じるもので、その痛み方は人により違いがありますが、ズーンと重い感じで痛んだり、骨がきしきしとする感覚や押すと激痛がしたりと症状は様々です。

成人よりも中学生や高校生に多く見られるのが特徴です。

初期では運動を始める時や運動が終了した時に痛みを感じたりするのですが、何の処置もせずにそのまま運動を続けると、運動中ずっと痛みを感じたり、日常生活のちょっとした動作の時にも痛みを感じ、最悪の場合は疲労骨折してしまう可能性もあります。

シンスプリントの原因

原因としてまず挙げられるのは、猛練習による脚の疲労や炎症です。

地面が硬かったりシューズの踵の外側がすり減っている

また、地面が硬かったりシューズの踵の外側がすり減っていると、シンスプリントにかかりやすくなります。

ふくらはぎのヒラメ筋や脛(すね)の内側にある後脛骨筋などの柔軟性が損なわれて、炎症が起きるために発生するとも言われていますが、はっきりした原因はまだ解明されていません。

シンスプリントは、疲労骨折と間違われることがあります。

X線で見ても判断がつきにくく、特に疲労骨折の初期症状はよく似ていて、見分けがつかないことがあります

当院が考える痛みの理論

痛みの種類は3つ

それを作っているのが背骨や骨盤の歪み

痛みは揉んでも解決はしません。

そもそも、あなたの身体がこんな状態だったら・・・

痛いところを揉む「マッサージ」や「電気」、「シップ」、「痛み止め」、「ストレッチ」等で良くなると思いますか?

身体の歪み

なぜなら、骨盤は「家で例えるなら土台」の部分だからです。

例えば、身体を家だと考えた場合に地震や何かの原因で土台(骨盤)が歪むと、その上に立っている(背骨)も傾きさらには屋根(肩)までもバランスをこわし傾いてしまいます。

当院の施術とは

シンスプリントの施術

痛い場所だけに湿布を貼ったりして痛みをごまかしていませんか?

説明風景

当院はすべての症状に対して先ずは 身体の歪みをチェックさせていただいています。

そして『骨盤を正しい位置』に戻して『背骨をまっすぐ』にし『肩のバランス』を整えることで、痛みを改善し、さらに再発まで防ぐ施術を行っています。

ふれあい整骨院では、やさしく痛みのない施術で、歪みをミリ単位で整えるだけではなく「短時間」で身体の変化を実感できる施術を行っています。

シンスプリントの症状でお困りの方

何とかしますから、ぜひ来てください!!

平日は予約なしでOK

多くのメディアから注目されています。

インタビューの写真

インタビューの写真

紹介された雑誌

なぜ?最初に選ばれるのか?

選ばれるのか6つの理由

口コミで人気

ボキボキしない

新聞や雑誌でも紹介

国家資格を持っている

身体の変化を実感

妊婦さんでも大丈夫です

改善された方の笑顔

院長からのメッセージ

ご来院前のご注意

追伸

平日は予約なしでOK

トップページ