野球肘

野球肘が楽になるためには

下矢印

背骨や骨盤の歪みを元に戻さないといけない

もう大丈夫

口コミサイトで人気

こんな悩みありませんか?

  • 野球でボールを投げる際に肘が痛い

  • 野球でボールを打つと肘が痛い

  • 運動中運動後に肘に違和感や痛みを感じる

  • 肘の曲げ、伸ばしがしずらい

  • 野球以外でも日常生活で肘に痛みを感じてしまう

  • 病院で野球肘言われた

  • 肘が痛くて野球の練習が出来ない

下矢印

ふれあい整骨院にお任せください

投手に多い野球肘

野球肘は、子どもから大人まで、野球投手に多くみられる肘の障害です。

投球動作

投球数の過多や負担がかかるような誤った投球フォームが要因となり肘関節部分が損傷したり、炎症が起きたりします。

一般的には骨や筋肉が未熟な成長期の子どもに発症する例が多くリトルリーガー肘」・「リトルリーガーエルボー」などとも呼ばれています。

小学生や中学生の子供達の骨はまだ大人とは違うやわらかいものなので、重傷な場合は軟骨が剥がれ落ちた「離断性骨軟骨炎」や靭帯の損傷、骨折に結び付くこともありますので、楽観視は危険です。

症状として初期の頃は、運動中や運動後の不快感、肘を曲げ伸ばした時の違和感(引っかかる感じ)などがありますが症状が進むにつれて肘が完全に動かなくなり日常生活にも支障をきたすようになります。

どのようにして野球肘は発症するの?

まずは肘関節の仕組みを説明します。

肘の仕組みの説明図

肘には、肩から肘までの上腕骨と肘より下は手の平までの親指側にある橈骨(とうこつ)・小指側にある尺骨(しゃっこつ)の3つの骨、そしてこれらをつなぐ靭帯が内側と外側にあります。

投球時の肘は外側に反るため、肘の内側にある靭帯によって内側の骨同士は引き離され、逆に、外側では骨同士がぶつかり合いますこの時、内側の靭帯が引っ張られることで、骨と靭帯が付着している部分が炎症を起こし内側上顆炎いわゆる野球肘になってしまうのです。

当院が教える痛みの理由

痛みの種類は3つです。

それを作っているのが背骨や骨盤の歪みです

なぜなら骨盤は家で例えるなら土台

骨盤と家の土台は同じ

背骨を正しいに

骨盤を正しい位置に

身体が楽になった

当院だけの施術とは

久留米で野球肘の症状に合った改善方法

野球肘を改善するには肘周りを揉んでも根本的な解決はしません。

施術風景

先ずは、痛んでいる場所よりも、背骨や骨盤のズレや歪みから矯正し、正しい身体バランスに作り変えることで根本の原因を取り除いていきます。

なぜなら、全身繋がっているからです。

その上で野球肘に関係する首から肩・肩甲骨まわり・鎖骨や肋骨・手首などを調整し野球肘による痛みや緊張を取っていきます。

また、ふれあい整骨院では有効なウォーミングアップや自宅でのストレッチもお伝えしますので、ぜひご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

メディア掲載されました

紹介された新聞や雑誌

選ばれる6つの理由

理由1

年間1万以上の施術

理由2

ボキボキしたり痛くない

理由3

原因を見つける

理由4

お互いが確認する再検査を行う

理由5

日常生活の指導も行う

理由6

院長が施術を担当

お客さまの笑顔

料金表

各種保険取り扱い

メッセージ

追伸

お気軽にお問い合わせください。

トップページ