胸郭出口症候群の対処療法とは?

血管や神経が圧迫されて肩こりやしびれを引き起こす

胸郭出口とは、鎖骨と第一ろっ骨の間で、首の前方にある前斜角筋と中斜角筋に囲まれた部分です。

胸郭出口症候群で悩んでいる方

心臓と腕を結ぶ血管や、腕に繋がる上腕神経は胸郭出口を通っています。

胸郭出口が狭いと血管や神経が圧迫され、肩こり、首、肩のこわばりや痛み、腕の冷感や脱力感、腕の痛みやシビレを引き起こします。

上腕神経は細く分かれ手指まで達するので、上腕神経が受けた刺激は様々な部分に症状があらわれます。

また、交感神経とつながっているため、自律神経に影響を与え、顔面のしびれ、頭痛、吐き気、かすみ目が起きることもあります。

胸郭出口症候群の対処法

胸郭出口症候群は、女性では20-30代、なで肩で筋肉があまり発達していない人に起こりやすいといえます。

筋肉が弱いと上腕神経が腕の重さによって胸郭出口で引っ張られるからです。

男性では、中高年でいかり肩、筋肉質、首が短い人に多く、血行不良や神経の炎症が原因となるようです。

腕を引っ張った時に症状が出る場合は胸郭出口症候群の可能性があります。

また、病院を受診した場合は、消炎鎮痛薬や筋弛緩剤を使用したり、神経ブロックを実施するだけで根本的な改善にはなりません

日常生活で気をつけることとして、腕を下げて行う作業や、首に負担がかかる動作を避け、重いものは持たないようにしましょう。

壁から40センチほど離れ、両手を壁に着けて腕をゆっくり曲げて腕立て伏せをする体操や、手を頭の後ろで組み、肩甲骨を背中の中央に寄せるように意識しながら腕を閉じ開きする体操も良いでしょう。

運動をする際にも、無理のない範囲で行いましょう。

胸郭出口症候群を改善するには

胸郭出口症候群は首や肩、腕周りを揉んでも根本的な解決はしません。
コリや痛みを解消するために、よくマッサージや指圧を受けている人がいます。
堅くなってしまった筋肉をほぐした直後は楽になるのですが、しばらくするとまたすぐに戻ってしまいます。
首から肩、腕の筋肉がほぐれると血行がよくなり、一時的には楽にはなりますが、胸郭出口症候群になる原因に対しての適切な処置がないとすぐに戻ってしまいます。
当院の施術では基本的に痛んでいる場所よりも、骨盤や背骨のズレを整え、体の歪みをなくしていきます。

なぜなら骨盤が歪んで傾くと、背骨も傾き、首や肩のバランスも崩れ身体全身が影響を受けてしまいます。

身体の歪み

例えば、地震や何かの原因で家の土台が歪むとその上にある柱が傾き、屋根まで傾いてしまいます。

それと同じ状態が身体にも起こってしまうのです。

背骨や骨盤を矯正することで全身の骨格や筋肉のバランスが整い症状も改善してくるのです。

その上で関係する首から肩・肩甲骨まわり・腕・鎖骨まわりなどを調整し痛みや緊張を取っていきます。

もう大丈夫、ふれあい整骨院にお任せ下さい

ふれあい整骨院にお任せ下さい

いち早く痛やコリ、シビレを改善させるためには大事なことがあります。
それは、ご自分のお身体の状態をしっかり認識する(いかり肩またはなで肩 反り腰・平背または猫背など)さらに、普段の姿勢や動作などに潜む身体の癖を見つけて改善していくことです。

肩の痛み・こり

関連記事