胸郭出口症候群

ふれあい整骨院

あなたは、このような症状でお悩みではないですか?

  • 腕から手にかけてのしびれ感
  • 腕から手にかけてのだるさ
  • 首の痛みや肩こり、
  • 手が冷える
  • 「頭痛やめまい」などを伴う
  • 病院で「胸郭出口症候群」と診断され、手術を勧められた。

胸郭出口症候群とは

「胸郭出口」とは、「鎖骨といちばん上の肋骨(第一肋骨)がつくるすき間」のことです。

このすき間が何らかの理由で狭くなって、そこを通っている血管や神経の束が圧迫されるために、首から肩、腕にかけて症状が起こる病気を「胸郭出口症候群」といいます。

 

この病気は、なで肩の20~30歳代の女性や、教師や理容師、美容師などの、腕をよく上げる仕事の人に多く見られます。

神経の圧迫場所によって以下の種類に分けられます。

肋鎖症候群

鎖骨といちばん上の肋骨との間で、神経や血管が圧迫されているものです。胸郭出口症候群のなかで最も多いのはこのタイプです。

斜角筋症候群

過外転症候群

首から伸びている斜角筋という筋肉をくぐり抜けるところで圧迫されているものです。

小胸筋という筋肉の下で圧迫されているものです。

頚肋症候群

第一肋骨の上に、頚椎にできた異常な骨(頚肋)が出てきて、それが圧迫の原因となっているものです。

胸郭出口症候群による施術法

ふれあい整骨院では、しっかり問診・検査をさせていただき、患者様の症状、1人1人に合った施術を行っています。

整骨院 整体院

骨盤が歪み、その結果、体のバランスが崩れ肩に痛み、腕にしびれが出る方が多くおられます。

 

そのような方は骨盤の歪みを整えてから関係する首から肩・肩甲骨まわり・腕・鎖骨まわりなどを調整し痛みや緊張を取っていきます。

 

予防法としては、まず、腕を酷使しないことです。

 

また、首や肩の筋力を強化する運動を行いましょう。

 

ストレスがあると、症状が悪化することもあるので、できるだけストレスをためないように心がけてください。

肩の痛み・こり

関連記事