肩こりは揉んでも改善しません!

肩こりの二つの原因

肩こりには筋肉の疲労から起きるものと、骨格のずれが原因となるものの二通りがあります。

肩こりの人

肩こりをなくそうと揉んだり叩いたり強く押したり温めたりするのは筋肉を柔らかくしようとして、そうします。

筋肉が柔らかくなると肩こりがなくなり楽になると誰も思っているからです。

それでも完全に肩こりから解放される人はほとんどいません。

根本原因が筋肉ではなかったからです。

肩こりには両方の肩が痛いものや、僧帽筋の片方だけにコリがあったり、肩甲骨まで痛みがあったり、首の片方がこったりと様々あります。

肩こりがひどくなると痛みだけでなく腕のしびれや血圧上昇、不整脈、頭痛なども生じます。

これらは筋肉の緊張が根本原因とはいえません。

じつは骨格のズレが原因だからです!

骨格のずれが引き起こす肩こりとは

骨格を正しい状態に保つためには骨格を支える筋肉が必要です。

脊椎の場合は椎骨と椎骨をつなぎ、いつも正しい位置へ安定するように筋肉が働いています。

骨格のズレ

しかし、椎間板と椎骨の中心軸がずれてしまうと筋肉に緊張が生まれ、血管を収縮させ血液の流れを悪くします。

肩こりの場合、数か所の椎骨にズレがあると想定されますので、接している僧帽筋にも影響を及ぼし、筋肉を緊張させ肩こりを引き起こすのです。

僧帽筋を緊張させているのが骨格を支える骨格筋であり、骨格筋を緊張させているのが椎骨のズレ、というわけです。

そして筋肉内の神経や骨格筋に接する神経にも影響を与え、痛みやしびれを引き起こしています。

肩こりを改善するためには

首や肩、腕周りを揉んでも根本的な解決はしません。

肩こりを解消するために、よくマッサージや指圧を受けている人がいます。

堅くなってしまった筋肉をほぐした直後は楽になるのですが、しばらくするとまたすぐに肩がこってきます。

肩こり施術風景

当院の施術では基本的に痛んでいる場所よりも、全身の骨格のズレを整え、体の歪みをなくしていきます

なぜなら、全身繋がっているからです。

その上で関係する首から肩・肩甲骨まわり・腕・鎖骨まわりなどを調整し痛みや緊張を取っていきます。

肩の痛み・こり

関連記事