ゴルフ肘

ふれあい整骨院

あなたは、こんな症状で悩んでいませんか?

  • ゴルフのスイングをした際や打ちっぱなしに行った後に肘の内側が痛みが走る
  • 手首を手のひらの方向に強くスナップする動きの繰り返しによって痛みが走る
  • 動かさなければ、平気だが、腕を動かすと激痛
  • 肘がぶつかると飛び上がるぐらい痛い
  • ドアノブをまわす・ふきんを絞るなど捻ると痛い
  • 長時間、使い過ぎた後は痛い

ゴルフ肘とは

ゴルフひじは、正しくは「上腕骨内側上顆炎」といいます。

テニスひじとは逆に、手首を手のひら側に曲げる筋肉が付いているひじの内側に発症し、ひじの内側が痛みます。

原因は腕の使い過ぎによって筋肉が強く緊張を起こしその付着部である「内側上顆」が炎症を起こしている状態です。

安静にしているときはほとんど痛みはありませんが、特定の動きをすると、肘の内側に疼痛(ズキーンと痛む)が生じたり、内側上顆部を押すと、痛んだり不快な感覚が生じます。

ゴルフひじは、上腕(肘から先)の筋肉の緊張により、上腕骨内側上顆に負担がかかって起こるのですから、肘から先の動きが大きく影響します。

※ゴルフ肘と言うと一般的には肘の内側が痛い方が多いですが、人によっては肘の外側が痛む方もいます。

ゴルフ肘による施術

整骨院 整体院

手首を曲げる筋肉と伸ばす筋肉の緊張を取り除き、肘への負担を減らすようにします。

さらに橈骨と尺骨のズレを正常な位置に調整して、肘関節の働きを正常に戻す。
また、腰や背骨の歪みや緊張が強く肩関節の動きが制限されている事が多いので、骨盤調整と肩関節の調整は非常に大事になってきます。