顎が開かない!?そんな時はご相談を

人気タレントのベッキーさんがツイッターで「アゴがはすれました」と告白したそうで、ネット上ではかなりの話題を呼んでいるようです。

 

幸いすぐに治ったようでひと安心。美しいベッキーさんのアゴがはずれてしまうなんて、ファンにはショックだったのではないでしょうか。

 

ベッキーさんだけでなく、最近は顎がはずれてしまう方が増えているようです。

最近の若い方は顎が小さく、周辺の筋肉の発達に問題がある場合もあるので要注意。

 

やわらかい食べ物を好む方が増えていることも、顎の周りの筋肉が鍛えられない要因のひとつとなっています。

 

顎が外れてしまうのは、顎関節脱臼といわれる症状。

顎の痛み 顎関節症

下顎にあるへこみに顎の骨が戻らなくなってしまうと、顎がはずれた状態になってしまいます。

 

元に戻らなくなってしまうと、口が開いた状態が続き、痛みもでてきます。

 

食事をすることもできませんし、声はでても言葉にならなくなってしまうため、日常生活が困難になってしまいます。

 

顎が外れるのとは逆に、顎が開かないという症状もあります。

 

これは顎関節症が原因となって起きるもの

 

口を開けるだけで顎が痛んだり、大きく口を開けることができなくなったりしてしまうため、こちらも日常生活が困難になってしまいます。

 

顎関節症になってしまうと、顎がはずれやすくなってしまうことも。

顎の痛みや顎関節症でお困りの方!

カクカクと音がしたり、顎が痛んだり、口が開かなかったりすれば、それは額関節症のサインかも。

整骨院 整体院

早めにふれあい整骨院にご相談下さい

 

顎の関節に負担をかけないためには、睡眠不足や過剰なストレスを避けること。

 

良くない姿勢で本を読んだり、スマホを操作したりしないこと。

 

あまり大きな口を開けないようにすることなどが大事ですよ。