頭痛や肩こり、腰痛、不眠を改善し、ゆがみを正す寝具の選び方とは?

自分の身体に合う枕のすすめ

枕

枕と健康の関連は広く知られるようになってきました。

身体に合わない枕は背骨のゆがみを招き、頭痛や肩こり、腰痛、不眠を引き起こす原因となります。

身体に合う枕とはどんな枕でしょうか。

それは自分の首の骨のカーブにぴったり合う枕です。

高すぎる枕は首の骨のゆがみを招きます。

まず首の付け根から肩の端までの長さを測り、2で割ると片方の肩幅の約半分になります。

それがちょうどよい枕の高さです。

または自分の握りこぶし1個分の高さより少し高めの物も首の骨のカーブにフィットします。

枕はかたすぎてもやわらかすぎてもよくありません。

やわらかすぎると頭が沈んでしまい寝返りがうてなくなります。

寝返りは無意識に体のゆがみを修整するので大切です。

選ぶときには実際に寝てみて試した方が良いでしょう。

就寝時には頭を枕の真ん中に置き、首の後ろのくぼみが枕の下端に当たるようにします。

首が曲がらないようにまっすぐ頭をのせましょう。

つぶれてしまった古い枕を使う時はたたんだバスタオルや薄い枕を重ねて高さを矯正しましょう。

身体に良い布団とは?

布団

睡眠は身体のゆがみを修整する大切な時間です。

寝返りは重要です。寝返りを邪魔しない布団を選びましょう。

敷布団はかためで、汗を吸収しやすいものが良いでしょう。

ふかふかのマットや、クッションのききすぎたベッドなど、やわらかすぎると寝返りをうちにくいため良くありません。

理想は畳の上に敷布団1枚です。

掛布団は羽毛などの軽くて暖かいものがオススメです。

何枚も布団をかけると重すぎます。

逆に夏は暑くても寝冷えしないように夏掛けやタオルケットを1枚はかけましょう。

ベッドに寝ている人は身体が沈みこまないようマットレスを取って、たたみか厚めの板を敷き、その上に布団を敷くのも良いでしょう。