坐骨神経痛と腰痛の違いとは?

なぜ、久留米のふれあい整骨院で坐骨神経通が改善するのか

下矢印

改善された方の笑顔の写真

「座骨神経痛」と「腰痛」の違いをみなさんご存知ですか? 

坐骨神経痛の人

「腰痛」は腰やお尻にのみ痛みなどの症状がでます。

これに対し「坐骨神経痛」の症状は、腰からお尻、そして足にしびれや痛みなどが発生します。

坐骨神経痛=坐骨の痛みだけと思われがちです。

しかし、坐骨神経は腰から足まで伸びているため、坐骨のあるお尻はもちろん、太ももやふくらはぎなど下肢にも症状が表れます。

歩けない、眠れない? 生活に関わる坐骨神経痛の症状

・腰、お尻、足にしびれや痛みを感じる

・足に力が入りにくい

・少し歩いただけで足が痛くて歩けなくなる

・お尻や足が冷えきってだるい(逆に灼熱感を覚えることも)

・座ったり、寝ている時も激しい痛みを感じる

 

坐骨神経は太くて長い神経のため、症状が発生する箇所は多岐に渡ります。

「いつかは痛みも治まるだろう」という考えは危険です。

歩行困難になり、激痛で眠れなくなるほどの症状になることもありますから、軽視してはいけません。

坐骨神経痛の8割以上が原因不明!?

MRI

MRI等の検査を行って、坐骨神経痛の原因がわかるのは全体の1~2割と言われています。

つまり、坐骨神経痛は、検査をしても原因をつきとめることができないことがほとんどなのです。

そのような原因の分からないものは「症候性坐骨神経痛」と言われています。

よく、坐骨神経痛の原因として挙げられるのは「椎間板ヘルニア」。

他にも「脊柱管狭窄」、「脊椎すべり症」、「梨状筋性坐骨神経痛」、そして脊椎や骨盤にできた腫瘍が原因となるケースもあります。

久留米のふれあい整骨院で坐骨神経痛から解放!

坐骨神経の施術の説明

坐骨神経痛の症状は、神経だけではなく筋肉の炎症や腫れ、身体の歪みなどが複合した結果引き起こされています。

そのため、検査機器で判明しにくいのはある意味当然なのかもしれません。

病院では痛み止めや筋肉をやわらげる弛緩剤等の薬物療法がまず行われます。

しかし、薬物には副作用のリスクもつきまといます。

重症な場合は手術も行うでしょう。

しかし、久留米近郊の方なら、身体の治癒力を持って坐骨神経痛の症状を改善する事が可能です。

坐骨神経痛の原因として考えられるは、骨盤など体幹部分の歪みです。

歪みによって神経や血管が圧迫され、痛みやしびれが引き起こされるからです。

坐骨神経痛を和らげる自宅でできるストレッチなどもお伝えします。

1日も早く痛みを取り除きましょう。