坐骨神経痛を改善させるために知っておきたいこと

足先まで神経が張り巡らされている腰。

 

そこで発生した痛みは、どのように神経を伝わっていくのでしょうか。

 

たとえば腰の一部が炎症を起こしたら、痛みの物質が分泌されたり、筋肉や血管が緊張したりして痛みの情報を感知します。

 

その情報は、末梢神経を通じて脊髄から脳へと伝えられます。

そこで初めて「痛い」と感じられるのです。

 

つまり、痛みは神経に情報が伝わっていくことで初めて認識されるのです。

坐骨神経痛

このような神経の働きは、ときに患部ではない部分にまで痛みを伝えてしまいます。

 

腰を走る神経が枝分かれして坐骨神経にとなり、ひざ下にまでつながるものがあります。

 

そのため、腰で発生した痛みが、神経を伝わっていくことで、脚の痛みやしびれとなって現れることがあるのです。

 

このような脚の痛みやしびれを、「坐骨神経痛」といいます。

腰と同時に発生した脚の痛みやしびれは、この坐骨神経痛であると疑ってよいでしょう。

 

坐骨神経痛は、腰のどの部分にトラブルがあるかによって、発生する箇所が異なります。

 

何番目の腰椎と脚のどの部分が連動するかが決まっているからです。

 

逆にいうと、

 

坐骨神経痛が発生した部分によって、腰のどの部分が悪いのか突き止めることができます。

 

このように、腰の痛みと足の痛みは、深く結びついていることを覚えておきましょう。