腰痛の予防法:正しい立ち方・歩き方とは

正しい立ち方を意識して腰痛を予防しましょう

腰痛がある人は、立ったり座ったりするときに腰に負担がかかる悪い姿勢をしていることが多いようです。

腰痛予防には正しい姿勢が重要です。

正しい姿勢で立つと、重心は耳からまっすぐ足のくるぶしの少し前にきます。

猫背になったり背筋を反らしすぎたりしないように気を付けましょう。

あごを軽く引き、背筋をのばします。

お腹をひっこめ、お尻を引き締めてひざを伸ばして立ちましょう。

長時間立たないといけないときは、時々座ったり足台に片足ずつ乗せて負担を軽くしましょう。

正しい歩き方を意識して腰痛を予防しましょう

腰痛をよぼうするために正しい立ち方のまま、背筋をしっかり伸ばし、自然に手を振ってリズミカルに歩きましょう。

間違った歩き方は腰に負担をかけ腰痛を悪化させてしまいます。

年齢を重ねてくると、筋肉が衰えてひざが曲がりやすくなり、足を引きずるような歩き方になりがちです。

そうなると段差などにつまずきやすくなり転んでしまう危険もあります。

年をとってもひざをなるべく曲げずにずり足にならないように意識して歩きましょう。

肩はリラックスして、視線をまっすぐ前に向けましょう。

背筋を伸ばし、手を自然にリズミカルに振りましょう。

ひざをのばし、かかとから地面につけましょう。つま先は軽く蹴り出します。