腰痛でコルセットを使う本当の目的

ふれあい整骨院

コルセットで腰痛は治らない

腰が痛い方でコルセットを使用されている方は多いですが、間違った使い方をしていませんか?

 

なでなら、コルセットを使うことで慢性的な腰痛は改善されないからです。

 

なぜなら、コルセットを長期間使用することによって腰を支えてくれる筋肉が衰えてしまうからです。

腰痛でコルセットを使う意味

  • 腰椎の運動を抑える
  • 腹部を保護する
  • 腰椎の並びを保持する
  • 着用していることによる心理面の働き

腰痛の急性期に使う

コルセットには腹筋や背筋を補助して腰椎や椎間板にかかる負担を少なくする働きと、腰椎の動きを抑制することで脊柱を安定させ、腰の痛みをやわらげる働きがあります。

 

また、腰部をしめつけることでお腹の圧が上がり、腰への負担を軽くする効果もあります。

 

ただ、あまりの長時間にわたって着用を続けると、腹筋や背筋が衰えてしまう心配があります。

腰痛とコルセット

 

コルセットを使用するときには、その使い方に注意しなければいけません。

 

※ぎっくり腰などが起きて間もない時期や急性期だけに使用する

 

※楽だといって、漠然と使い続けてはいけない

 

※急性期以外では、腰に負担がかかる仕事をどうしてもしなければならない時など、用途を限って使用する

 

痛みが激しい時期には、寝る時以外は常につけておくほうが楽ですが、痛みが治まってきたら、どうしても身体を動かさなければならない時だけ着用します。

 

なぜなら、筋肉事態がコルセットに頼り切ってしまって腰を支える筋肉が衰えてしまうからです。

 

また、精神的にも着けておかないと不安だと思うようになるからです。

 

腰の痛みが落ち着いたら自分の筋肉で脊柱の安定が保てるよう、腹筋や背筋を強化しておきましょう。