腰痛改善には歪みを整え筋肉の緊張を取ることが大事

腰痛と筋肉の関係

腰椎の歪み

人間の骨格上、重い頭を支えている首の下の肩と、背骨を支える腰は非常に疲れやすくなっています。

現代人は特に、身体を使わない時間が増え、腹筋や背筋が衰え、腰痛は増加の一歩をたどっています。

腰痛は腰椎がゆがんでしまって脊髄神経を圧迫してしまうために引き起こされます。

そのため、腰椎のゆがみを正しい状態に戻すことが重要です。

また、腰回りの筋肉、筋膜の緊張を取り腰の動きを改善しないといけません。

腰回りには、腰三角、腸骨稜、大腰筋、大臀筋などの筋肉がありますが、これ以外にも腹筋、背筋、大腿筋など周辺の筋肉を強くする必要があります。

筋肉はつながりあっているからです。

注意点として、痛みが強い間は無理に動かしてはいけません。

筋肉の緊張を取りましょう

筋肉は骨と骨を結び付けている関節にまたがって張っています。

筋肉が収縮して関節を動かします。

また関節を固定して安定させる働きもあります。

動かさなければやせ細り、縮まって本来の働きが出来なくなり、固定や安定力が弱まっていきます。

ゆがみを矯正すること、腰痛をとること、腰の疲労をとること、腰をやわらかくすること、腰を強くしていく、という順序で無理なく筋肉の緊張を取り強くすることがカギです。