スポーツによる腰痛を予防する方法

なぜ?スポーツによって腰痛がおこるのか?

スポーツによる腰痛

安全にスポーツを楽しむためには、腰痛の発生するメカニズムを正しく理解することが不可欠です。

脊椎の最も下にある腰椎は、身体を支える一方で身体を動かす支持性と運動性の両面が要求されるため、スポーツによる外傷、障害を受けやすくなります。

過度な運動や繰り返しの動作、また一方向に身体を捻る動きによって腰痛が起こりやすくなります。

前屈が何度も繰り返されたり、腰のひねりが繰り返されたり外傷による捻挫や骨折がおこる事もあります。

 

腰痛が起こりやすいスポーツとは?

ゴルフ

腰痛を引き起こしやすいスポーツとしては、野球やサッカー、ラグビー、柔道、重量挙げ、レスリングなどがあげられますが、ゴルフやボウリングといった一方向に身体を捻るスポーツは大きな原因となります!

他にもアメリカンフットボール、器械体操、クラシックバレーなども障害を起こしやすいといえます。

腰痛を予防しスポーツを行うためには?

自分の体力や運動能力にあったスポーツを行いましょう。

しばらく運動から離れていた時には医師に相談するのも良いことです。

予防の為に腹筋や背筋といった体幹筋を強化するのでは無く骨盤、股関節、ひざの柔軟性が大事です。

運動の前の準備運動と行った後の整理体操をしっかり行いましょう。

休養や睡眠時間、バランスのとれた栄養も不可欠です。