腰痛改善!自分でできる姿勢矯正

正しい姿勢が身に付く腰痛改善エクササイズ

姿勢の種類

腰痛改善のためには正しく座ることが大事です。

まず座った時に腰椎前彎をつくる方法を覚えましょう。

そのために、猫背と過矯正動作を覚える必要があります。

腰椎前彎を回復させるときは、ゆっくりと慎重に行います。

ゆがんだ関節を戻すにはある程度時間をかけてゆっくりと行います。

椅子やダイニングチェアなどに腰掛けて、背中の力を完全に抜き猫背になります。

その姿勢で数秒経ったら上半身をできるだけ引き上げて、腰の上のくぼみを強調しましょう。

腰のくぼみを強調する過矯正の姿勢を数秒維持したらまた力を抜いて猫背になります。

この三つの動作をリズミカルに繰り返します。

朝昼晩に1セットずつ、1日に3セット行います。

過矯正の姿勢はきついので、長時間保つのは難しいでしょう。

椅子に座る姿勢

過矯正姿勢よりもすこしゆるめた姿勢で座るのが正しい座り方です。

続けることで腰痛が改善され姿勢も矯正されていきます。

適切な姿勢を見つけるためには、まず過矯正の姿勢を取り、腰のくぼみがなくならないように気を付けながら緊張を少しゆるめましょう。