腰痛に効果的な食事とは

骨を丈夫にする栄養素とは

腰痛を予防するためには骨を丈夫にする必要があります。

さらに腰痛の原因となる病気である骨粗鬆症を防ぐためにも骨を強くしなければなりません。

骨を丈夫にするのに必須な栄養素はカルシウムです。

厚生労働省では1日700㎎以上の摂取が目標になっていますが、なかなか到達するのは難しいです。

できるだけ積極的に摂りましょう。

カルシウムを多く含む食品には、牛乳、チーズ、ヨーグルト、スキムミルク、あじ、しらす干し、うなぎ、さんま、しじみ、小松菜、ひじきなどがあります。

カルシウムを効率よく吸収させる必須栄養素とは

カルシウムと合わせてとりたい栄養素はビタミンDです。

カルシウムが骨を丈夫にする役割を助けてくれる栄養素です。

ビタミンDは魚などに多く含まれています。

まぐろ、かつお、かれい、さば、うなぎ、ぶりなどです。

また、たんぱく質をいっしょにとることでカルシウムの骨の沈着はさらに促進されます。

タンパク質は肉や魚、大豆製品などに含まれています。

積極的に食べましょう。

偏りのない食事を心がけましょう。

骨によいからといってそればかり食べても体によくありません。

偏りのない食生活と食べ過ぎを避けることが重要です。

6つの基礎食品群からまんべんなく摂取しましょう。

たりないと思った栄養素は積極的に食べ物でとりいれましょう。