子供の腰痛

スポーツが原因の子どもの腰痛

腰痛といえば、大人や高年齢の人に起きるイメージがありますが、最近は小中学生が腰痛を訴えるケースが増えてきました。

学生や子どもの腰痛で多いのはスポーツが原因となっているケースです。

スポーツをしている

激しいスポーツによって未成熟な骨や筋肉にふたんがっかあり、腰や背筋を痛めて筋性腰痛症を起こしたり、ひどい場合は疲労骨折、脊椎分離症、椎間板ヘルニアなどを引き起こすこともあります。

最近は小学生でもスポーツクラブなどで激しいスポーツをする傾向にあり、その影響で子供の腰痛も増えて来ています。

生活習慣が原因の子どもの腰痛

テレビゲームをしている

大人と同じように悪い姿勢や同じ姿勢を長時間続けている子どもも腰痛を訴えることがあります。

学校で何時間も机に向かって座っているうえに、塾でも同じ姿勢を続けていたり、テレビゲームを長時間行っていることが原因となります

また、運動不足や、甘いものやスナック菓子の食べ過ぎなどの食生活、ストレスによる筋肉の衰えやバランス感覚の遅れなども関係しているといわれます。

基礎体力の低下も増えています。

小中学生などの身体がまだ未成熟な時期には、激しすぎる運動も、運動不足も決して良いものではありません。