腰椎ヘルニア

腰椎ヘルニアとは

腰椎ヘルニアという言葉はけっこう耳にする言葉だと思います。

「ヘルニア」とはラテン語で「脱出」という意味を持っています。

本来あるべき部分から、圧迫によってはみ出してしまうことをヘルニアというのですね。

腰椎とは背骨の腰の部分にあたります。

腰椎は5個あり、腰椎ヘルニアは、腰の骨と骨の間にありますクッションの役割を持つ椎間板という軟骨が圧迫されて変性し、組織の一部が飛びだしてしまう状態のことをいいます。

腰椎ヘルニアを発症しますと、飛び出した椎間板が神経を圧迫しますからかなり強い激痛を伴いますよね。

腰椎ヘルニア

腰椎ヘルニアを発症しますと、飛び出した椎間板が神経を圧迫し、炎症が起こることで痛みが発生します。

椎間板に圧力がかかることで起こりますので、腰に負担がかかってしまう前かがみの状態や、重い荷物を持った時などは、強い激痛を伴うこともありますからツライですよね。

腰や臀部が痛んだり、腰から足の先にわたってしびれたりとヘルニアの程度によって自覚症状も様々。

 

前かがみで痛い人

ヘルニアの原因として

原因は老化や激しい運動によって椎間板が飛び出すこともありますし、腰椎を支えている腹筋や背筋が衰えてしまって、支えきれなくなってしまうと腰椎ヘルニアを発症する危険が高まります。

また、タクシーやバスの運転手など座っている時間が多い職業の方や、体重の重い方も背骨や腰に負担がのしかかってきますから腰椎ヘルニアになる確率が高まってしまいます。

検査として

病院では診察の際にアキレス腱反射や膝蓋腱反射の検査、下肢伸展挙上試験によって坐骨神経への影響の度合いを調べます。

またX線で骨の状態を調べると共に、MRI画像でヘルニアの状態や神経をどの程度圧迫しているかがわかります。

腰椎ヘルニアでお困りの方は

当院では無理のないソフトな施術で骨の歪みや筋肉の緊張、神経による痛みを改善していきます。

人間にはもともと自然治癒力が備わっていますので、弱まっていた自然治癒力を高めながら、正しいからだの位置に矯正し、ツライ痛みをなくします。

また、日常生活において気をつけるべき点や、ストレッチ、筋力強化などについてもお伝えしますので、再発の防止にもいっしょに取り組んでいきましょう。