腰椎椎間板ヘルニアは

椎間板の中身が飛び出す「腰椎椎間板ヘルニア」

 

腰椎椎間板ヘルニアは、20歳-40歳代の若い世代を中心に幅広い年齢層に起こります。

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱は椎骨が積み重なってできています。

その椎骨と椎骨の間にあるのが椎間板です。

椎間板の外側は繊維輪という組織に囲まれ、椎間板の内側には髄核というゼリー状の組織が入っています。

ヘルニアとはそもそも体内の組織が本来あるべきところから飛び出すことをいいますが、腰椎椎間板ヘルニアでは、何らかの原因で椎間板の外側の繊維輪がきれ、中身である髄核や繊維輪、軟骨版等の椎間板組織の一部が脊柱管内に飛び出してきて神経根や馬尾を圧迫します。

その結果腰痛とともに、圧迫された神経が支配する下肢に神経症状があらわれます。

腰痛とともに下肢症状があらわれる

椎間板ヘルニアの症状は、ヘルニアの脱出の程度、部位、圧迫された神経根の状態、年齢などで異なります。

痛みの程度は人それぞれで、腰を曲げると痛いといった程度から、立ったり歩いたりすることが困難な場合もあります。

さらに腰痛とともに下肢に痛みやしびれ、筋力の低下を伴うのが特徴です。

下肢痛に関しては、足の後面や外側の痛みが中心である坐骨神経痛が多いですが、ときには大腿全面や膝の痛みを伴う大腿神経痛がでることもあります。

症状が強い時には身体が左右のどちらかに傾く「疼痛性側彎」が見られることもあります。

発症のきっかけとは

多くは日常生活での動作やスポーツがきっかけとなって発症しますが、人それぞれ異なり、少し腰をひねった、腰をかがめたといった日常動作でも起こるために「ぎっくり腰」だと思い込む場合もあります。

椎間板ヘルニアの根本的な原因としては、椎間板の老化による変性が考えられます。

椎間板は椎骨と椎骨のクッションの役割を果たすため弾力性に富んでいますが、老化しやすく20歳ごろから水分が減り始め、30歳ごろから弾力が失われていきます。

そのほか、椎間板の遺伝的な弱さ、長期間の腰椎の酷使などが考えられますが、真の原因をつきとめることは困難といえます。