腰部脊柱管狭窄症

脊柱管が狭くなり、神経を圧迫する

腰部脊柱管狭窄症の人

脳から続く神経、脊髄は脊椎の中央にある脊柱管という管の中を通っています。

この脊柱管が狭くなり、その先の神経根や馬尾、血管などを圧迫して障害がおこるものを「腰部脊柱管狭窄症」といいます。

腰痛とともに下肢の痛みやしびれがあらわれ歩行障害がでることもあります。

腰部脊柱管狭窄症の原因

発育性脊柱管狭窄症

もともと脊柱管が狭いために起こる。

30-40代に発症しやすく、重くなるケースが多い。

変性性脊柱管狭窄症

椎間板が膨らんでいる

加齢に基づく脊椎の変化によって起こる。

腰椎が老化して骨の棘ができたり、椎間板が膨らんだり、靭帯の肥厚により脊柱管が狭くなる。

このほかにも、外傷や腰椎の手術が原因となる事もあります。

腰部脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の場合、どこの神経が圧迫されたかで症状も異なってきます。

共通しているのは、腰の鈍痛からはじまる点です。

また、腰を後ろに反ると痛みが増し、下肢にも症状があらわれます。

足からお尻にかけて痛み、しびれがおこる事もあります。

日常生活の注意点

手押し車

脊柱管は後ろに反ると狭くなり、前にかがむと広くなります。

そのため、できるだけ身体を後ろに反らないように注意しましょう。

立ちっぱなしは避け、歩く時は前かがみになりましょう。

つらいときには手押し車や杖を使いましょう。

長く歩く時は途中で休憩を入れましょう。

適正な体重にし、腹筋をつけましょう。