野球肩関と野球肘の痛み

野球肩関節痛の症状と施術法

野球

野球など腕を強く振る運動を続けると肩関節が痛くなり野球肩になることがあります。

子どもにも多くみられる症状です。

応急の措置としてはテーピングや痛み止めの薬や貼り薬などがありますが、治癒にはいたりません。

野球肩の原因は関節のズレです

子どもの場合はとくに筋力以上の力を出しがちです。

そのため関節をつなぐ靭帯が伸びてしまい関節がゆるんでズレてしまって痛みが出ます。

関節のズレをなくすと痛みは解消します。

肩関節の痛を放置すると肘にも影響が出てしまいます。

野球肘関節痛の症状と施術法

ピッチャー

肩関節と同じように少年野球をやっている子どもたちに多くみられるのが野球肘です。

特に野球のピッチャーに多く見られます。

子どもの場合は肘痛の原因が強く捻ることにあるようです。

痛みが出たら早く矯正することが必要です。

子どもの肘痛は正しい位置矯正できるとすぐに痛みはなくなります。

痛み止めや貼り薬では無く早めに施術したほうが良いでしょう。

肩の痛み・こり

関連記事