首や肩、背中や胸の痛み、シビレを感じたら

首や肩、腕の痛みシビレは胸郭出口症候群かも?

首や肩、上背部、前胸部、上半身に痛みやこわばり、しびれ、指先が冷たく感じる、などの症状がある場合は頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)と診断されるかもしれません。

首や肩、上背部、前胸部、上半身に痛みやこわばり、しびれを感じている人

頸肩腕症候群は、原因がわからないものの、上記の症状がある場合にこの病名が使われます。

しかし頸肩腕症候群のほとんどは胸郭出口症候群の場合が多いようです。

判断するのに、どんなときに症状があらわれるか、どうすると症状がやわらぐかがカギになります。

ある姿勢や動作、無理な姿勢を続けると症状が強くなることが多いようです。

胸郭出口症候群とはなにか

胸郭出口症候群の胸郭とは、胸を囲む骨で包まれたスペースで、心臓や血管、肺などを保護しています。

胸郭出口

胸郭の上部にある鎖骨と第1肋骨、筋に囲まれた隙間を胸郭出口と呼びます。

この部分を血管や神経組織がたくさん入った腕神経叢が通っています。

腕神経叢は、首からでて腕に続いているので胸郭出口が狭くなると血管や神経が圧迫されて、肩から腕の痛みやしびれ、だるさがあらわれます。

胸郭出口症候群の中には体形や姿勢が原因の人と、頸椎の異常や肋骨に付いた筋肉の発達によって発症する場合もあります。

また転倒や追突事故により斜角筋が傷つき、外傷性による胸郭出口症候群を引き起こすこともあります。

前かがみの姿勢

「なで肩タイプの人」は電車のつり革につかまると腕や手に痛みシビレがあらわれます。

「まる肩タイプの人」はずっと腕を上げたり、デスクワークなどで前かがみの姿勢を続けると肩や腕に痛みシビレがあらわれます。

肩の痛み・こり

関連記事