原因が不明それは、心因性の腰痛?

慢性腰痛の約80%に抑うつ状態が?

慢性腰痛のなかには、検査をしても身体的な腰痛の原因が見つからないケースもたくさんあります。

 

一方、中高年になると、たいていの人は、検査をすれば背骨に何らかの加齢性変化がみられます。

 

しかし、画像検査の所見と、本人の自覚症状や診察での身体所見とが一致しない場合もよくあります。

 

これも痛みを説明する所見がないのと同じことです。

近年、こうした原因不明の慢性腰痛に心理的な要因が主な原因と考えられる腰痛を、特に「心因性腰痛」と呼んでいます。

 

心のストレスが引き起こす腰痛といえるでしょう。

 

慢性腰痛を訴える患者さんの約80%に抑うつ状態がみられたという報告もあり、けっして特殊なものではありません。

 

人間関係のストレス、仕事の評価に対する不満、家庭内の不和、将来への不安など、さまざまな問題が腰痛の原因となりえます。

ストレスは痛みを強くしやすい

実際には、心因だけで腰痛が起きている人はそう多くはないでしょう。

 

しかし、背骨の加齢性変化があって症状が出た人も、ストレスがそれを増悪して、さらにつらいものにしてしまうのでしょう。

 

腰痛に限らず、痛みには心理的な影響が大きく、心配事や悩み事は痛みを強くしやすいものです。

 

画像診断で何か所見があっても、年齢相応の変化といわれたら、あまり心配しすぎないことです。

 

加齢変化があっても痛みのない人のほうが多いのです。

特に、何かに熱中しているときはつらくないなら、幸いなことにその腰痛は心配なさそうです。

 

ストレスを抱え込んでいるなら、気分転換をはかりましょう。

あなたのご来院をお待ちしております!

整骨院 整体院

施術家として、たくさんのお客さんと出会ってきて感じたことがあります。

それは、心と身体が繋がっていること

その為どちらか一方が調子を崩すと 「心も身体」も 不調になってしまいます 。

ふれあい整骨院では、

「お客様の身体だけではなく 心から元気になり、笑顔になってもらう。」

それが私達の施術です!

 

辛い症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご来院ください。