背中が痛い時のイスに座るときの姿勢とは?

1日の大半をイスに座って過ごす人は多いでしょう。

その座り方によっては背中の痛みの原因につながってきます。

そういう人は、座っているときにこそ姿勢に気をつけることが大切です。

イスに座るときの姿勢のポイントは、深く腰かけて背すじをまっすぐにのばすことです。

浅く腰かけたり、くびを前に突き出したりすると、脊椎のS字カーブが崩れ背中も痛くなってしまいます。

そうならないようにするためには、正しい姿勢で座れるようなイスを選ぶことが大切です。

ここで、背中の痛みやを予防する正しいイスの選び方を紹介しましょう。

座面の高さは、深く腰かけた時に、ひざ頭が脚のつけ根よりやや上に来る程度のものが適当です。

このとき、ひざの角度はおおむね直角になります。

座面が高すぎる場合は足を踏み台などに乗せ、低すぎる場合は硬さのある座布団を敷いて調節します。

また、座面がやや後方に傾斜していて、深く腰かけたとき、ひざの裏にこぶしひとつ分くらいすきまができるとなおよ

いでしょう。

背あてやひじ掛けの位置も重要です。

クッション性のある背あてが、脊椎の自然なカーブに沿うような位置にあるものを選びましょう。

背あてが硬かったり、位置が適当でなかったりする場合は、クッションを腰の上部にあてがうと楽になります。

ひじ掛けは、ひじを置いたときにひじの角度が90~100度くらいになる高さが適当です。

身体に合わないイスに長時間座っていると、背中の痛みだけでなく、腰痛も引き起こします。