脊柱管狭窄症を予防・改善

なぜ? 脊柱管狭窄症が改善するのか?

下向き矢印

原因である背骨や骨盤の歪みをアプローチするからです。

脊柱管狭窄症の原因について

脊柱管狭窄症の人

腰痛や腰の回りが重い、ハリや違和感があり、足にしびれや痛みがある、などの症状を感じている場合、脊柱管狭窄症の疑いがあります。脊柱管狭窄症の原因はどのようなものでしょうか?

脊柱管狭窄症は脊柱管を囲んでいる椎体などの編成や靭帯などの肥圧など脊柱管を作っている組織が変形してしまい、脊柱管の中を通る神経や血管が圧迫されることで、腰痛や足のしびれなどの症状を起こす疾患です。
原因としては、先天性のほか、加齢による背骨の変化が原因であることが多いです。

高齢者に多く見られる疾患ですが、若いときに重労働をして重いもの持つ仕事をしていたり、腰を傷めたりした人、長時間運転をする人などはこの疾患になりやすいと言われています。

脊柱管狭窄症の改善には骨盤や背骨を整えて血流促進が大切です!

脊柱管狭窄症は老化に伴うものでもあり、多く人が年を取るとなりやすいと言われていますが、症状を改善するにはどのような方法があるのでしょうか?

不調の原因を取り除くには骨盤を正しい位置に戻し、背骨をまっすぐにすることが重要です。

なぜなら、骨盤は身体にとって大事なところで、家で例えるなら土台の部分です。

骨盤は家の土台と同じ

例えば、地震や何かの原因で土台となる骨盤が歪んでしまうと、その上に立っている背骨も歪み首や肩のバランスまでも

さらにその上には、屋根となる肩が乗っているので、それまでも歪んでしまい身体全身が影響を受けてしまいます。

また、血流を改善することも重要な改善方法です。

痛みが出るのは、圧迫による神経組織の血流障害が原因なので、血流を改善することが症状を緩和されることになります。
また、年齢にともなる背骨の衰えは、そうなる前に予防をすることも必要です。

重いものを持つ仕事をしている人や、長時間運転をしている人などは腰に負担がかかりやすくなります。

負担がかからないような姿勢であることや、負担を軽減する改善方法が必要です。

他院ではやってもらえない当院だけの施術法

当院では患者様に合わせた施術を行います

院内風景

脊柱管狭窄症などの腰の痛みなどを起こさないためにも、腰に負担をかけていると感じている人は早めのケアが大切です。

久留米にあるふれあい整骨院では、患者様に合わせた施術を実施します。

腰痛や足のしびれの原因は何かを把握し、その症状に合わせた施術を行うのが当院の特徴です。
腰痛といってもいろいろなタイプがあります。

脊柱管狭窄症においても、症状や原因はさまざまです。

現在の体の状態を把握したうえで、原因を一緒に考え、それを取り除いていきます。
原因を把握したら、お客様の体に優しく触れながら揺らしたり、牽引をしたりしながら体を元の正常な状態に戻していきます。

背骨や骨盤のズレを改善することで、腰の痛みやしびれの改善につながることも多いものです。

優しく矯正をしながら正しいバランスに調整していくことで、脊柱管狭窄症の予防にもなります。
さらに当院では施術後に再度検査し、効果を実感していただきます。

お問い合わせはお気軽に

メディア掲載

新聞や雑誌でも紹介された。

症状が無くなれば何がしたいですか?

メッセージ

追伸 痛みは我慢すると借金と同じです

お問い合わせはお気軽に