妊娠後期 腰の痛み

妊娠中の腰の痛みで悩んでいる方へ

下矢印

身体への負担が増して妊娠後期は腰痛に悩まされます

妊娠前も、妊娠してからも元気に過ごすことができる女性もたくさんいます。

赤ちゃんにそれぞれ個性があるのと同じように、妊娠中の身体の調子も妊婦さんそれぞれです。

妊娠中の体

それでも、否応なしに身体の急激な変化と不調に向き合うこととなるのが妊娠後期(8か月前後)です。

お腹がさらに大きくなるということは、胎児もかなり成長しているということです。

動きもダイナミックになり、嬉しさと共に苦しさや痛さも感じます。

増えた体重を支えるため、大きくなったお腹を支える姿勢でバランスを崩すため、出産に備えてリラキシンホルモン(骨盤を緩めるため)の分泌が再開するため、妊娠後期の腰痛はほとんどの方が感じる症状と言えるでしょう。

妊娠後期の腰痛はどうやって症状を緩和して過ごせるかが大切

身体をリラックスしている

バランスをとるために姿勢が悪くなり、腰痛を和らげるために腰を伸ばすとお腹がはる、寝ていてもくつろいで横になれない…中々無理ができる身体ではありません。

妊娠後期は、「できる時にできるだけ」身体をリラックスさせる方法もオススメです。

・マタニティヨガやマタニティスイミング

必ず専門家の指導の元、ゆっくり行ってください。

・半身浴や蒸しタオル

ゆっくり腰回りの筋肉を温めてあげるのは腰痛を和らげます。

・クッションや抱き枕

身体が沈みにくい布団やベッドで、クッションをひいて足をあげて仰向けになるか、抱き枕を抱いて横向きに寝るとラクに感じます。

そして、やはり昔から受け継がれているお腹と骨盤を支える「さらし」は優秀です。身体にフィットした形で巻くと、驚くほど動きやすくなります。

もちろん、同様の働きをする「骨盤ベルト」でも腰痛の不快感を軽減させてくれることでしょう。

妊娠中の腰痛は久留米のふれあい接骨院へ

妊娠中は、無理な施術やマッサージはもっての他でしょう。

また、施術者も万が一のことを考えると気軽にお受けすることは少ないのではないのでしょうか?

施術風景

妊産婦さん専用の施術方法を実践する、久留米ふれあい整骨院では「痛くないソフトな施術」が特徴です。

妊娠後期で不自由な身体に合った姿勢、優しい施術で腰痛の緩和を目指しています。

残り少ない妊娠生活です。

久留米のふれあい整骨院でお母さんもお腹の赤ちゃんも快適に過ごしてください。

電話番号0120-31-8152

口コミで人気

メディア掲載されました。

紹介された新聞や雑誌

お客様の笑顔の写真

メッセージ

追伸

住所福岡県久留米市津福今町423-1