「肩がこる」「肩が痛い」でも、その痛み、本当にただの「肩こり」・・・?

「こり」とは、ひとことでいえば筋肉疲労と血行障害による筋肉の痛みやしびれですが、肩こりのような症状の元となる要因はそれだけではありません。

その裏には、恐ろしい病気がひそんでいるかもしれないのです。

肩の痛み 肩のコリ

くびや肩、背中の痛みのほとんどは、単純な「こり」が原因のもの。

しかし、まれに骨や筋肉、内臓などの疾患によるものがあります。

ひとつは、頚椎や肩甲骨、肩の筋肉やじん帯など、肩周辺組織の異常によるもの。

その代表は、頚椎椎間板ヘルニア五十肩などです。

肩こりを引き起こす可能性のある病気は消化器系、循環器系の疾患、高血圧症などまったく別の病気によるものなど多数あります。

 

一見関係なさそうな眼の疾患、耳鼻の疾患、うつ病など心因性の疾患も影響する場合があります。

 

いつもの肩こりだと思って放っておいたら「深刻な病気だった・・・」ということにもなりかねません。

たかが肩こりだとあなどらずに、病気の可能性も視野に入れることが大切です。

肩の痛み・こり

関連記事