指の痛み

指が痛いとお悩みの方へ

指の働きによって、人はさまざまな運動をしています。

 

箸や鉛筆を持って食べ物を口に運んだり、文字を書いたり、パソコンのキーボードをたたいたり、毛糸を編んだり。

 

ごく当たり前の動作なのですが、じつはその構造はとっても複雑。

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができるようになっていて、その腱が手の筋肉に力を伝える役目を果たしています。

 

指を曲げる際に働く屈筋腱が浮き上がらないように抑えているのは、靱帯性腱鞘と呼ばれる組織。

 

こうした組織はいつも働いていて、指の付け根部分の炎症を生じやすいところにあるため、痛みを生じることがよくあります。

 

指の痛みとひとくちに言っても、その症状はさまざま。

指の付け根にある屈筋腱と靱帯性腱鞘で炎症が起きると、腱鞘炎になります。

 

腱鞘炎になると腱がスムーズに動かなくなり、指の付け根に痛みや腫れが生じます。

 

この腱鞘炎が進むと、指の屈伸にひっかかりが生じてばね現象が起き、それをばね指といいます。

 

ばね指の症状は更年期や妊娠出産期の女性に多く生じるようです。

 

また、仕事やスポーツなどで指をよく使う方に多く、糖尿病やリウマチ、透析患者にもよく発生するといわれています。

 

指の第1関節が変形して曲がってしまう「ヘバーデン結節」という症状は、第1関節が赤く腫れたり、曲がったりして、痛みも伴う症状です。

 

パソコンをよく使用する方の間で急増しているのは「キーボードフィンガー」と呼ばれる症状で、指が痛くて曲がらなくなったり、指先がしびれたりします。

 

症状が悪化すると、指の関節が変形したり、慢性的な腱鞘炎になったりするので注意が必要です。

指の痛みやしびれ、ご相談下さい

整骨院 整体院

指に痛みやしびれを感じたら、まずは、ふれあい整骨院にご相談を。
関節や骨とその周辺の筋肉のズレを矯正し、痛みやしびれの原因を解消します。

 

手首の痛み・けんしょう炎

関連記事