介護で腰が痛くて悩んでいる方へ

腰の痛みというのは、老いも若きも、男性も女性にとっても辛いもの。

 

立っていても座っていても、寝転がっても痛むと、毎日の生活に支障をきたしている方も多いようです

厚生労働省の発表によれば、働く人が業務のなかで起すことがもっとも多い疾病とは腰痛で、なんと全業務上疾病の約6割を占めるのだそうです。

 

なかでも近年急速に進む高齢化により需要が高まっている介護業務の現場では、その状況が深刻な様子。

 

腰部に過重な負担のかかる作業が多い、介護業務を含む保健衛生業において発生する業務上疾病のうち8割を腰痛が占めているのだそうです。

 

行政においても腰痛の予防対策が重要施策として掲げられ、厚生労働省では職場における対策の重要性を訴えています。

 

職場における腰痛予防対策指針では、近年の介護需要の高まりによって介護作業など腰痛が多く発生している作業について腰痛予防体操などが示されています。

こうした職場だけでなく、ご家族の介護を担われている方、家事を担当している方、子育て中のお母さん、妊婦さんなど、家庭のなかでも腰痛の問題は深刻。

 

家庭でも職場でも、腰の痛みをこらえて頑張る方が急増している現代。

 

皆さんを悩ます腰痛という症状には、じつは特異的腰痛と非特異的腰痛があるのです。

 

特異的腰痛というのは、医師の診断などによってその原因が特定できるもの。

 

一方、非特異的腰痛というのは原因が特定できないもので、病院の外来を受診する患者さんの約85~90%はこの非特異的腰痛となっています。

 

痛みは歴然とあるのにその原因が特定できず、適切な治療を受けることもできないなんて、病院で診察を受けた方にとっては辛い現実ですよね。

 

ふれあい整骨院では身体の自然な治癒能力を引き出し、患者さん自らの力で悪いところを直す手助けをします。

整骨院 整体院

非特異性であっても痛みをやわらげ、腰痛に負けない強い身体をつくることができるのです。