椎間板ヘルニアは坐骨神経痛を伴う

椎間板ヘルニアは坐骨神経痛をともなう腰痛です。

椎間板ヘルニアにより坐骨神経につながっている神経の根元が刺激されていると、「坐骨神経痛」が現れます。

腰だけでなく、脚に響くような痛みやしびれなどの症状で、脱力感を伴うこともあります。

 

さらに、ヘルニアが脊髄の末端に続く馬尾にまで障害が及ぶと膀胱などの働きに影響して、排尿などの異常が見られることもあります。

 

痛みやしびれは、物を持ったり、前かがみの姿勢になったときに強くなることが多く、おじぎが出来ないといった運動制限も起こります。

物を持ったり、前かがみになると椎間板の内圧が高まり、ヘルニアが後方の神経をより強く圧迫刺激します。

 

そのために、症状が強くなるのです。

 

逆に、姿勢によっては痛みが軽くなるのもこのためです。

 

椎間板ヘルニアが生じやすいのは

「第4、第5腰椎間」

「第5腰椎、仙骨間」です。

 

ここから出ている神経は坐骨神経となっているので、椎間板ヘルニアでは坐骨神経痛がよく症状としておこります。

 

坐骨神経は運動神経にも関係しているので、障害が起こると運動機能にも障害をきたします。

 

また、椎間板ヘルニアは腰椎のどの部分にヘルニアがあるかによって坐骨神経痛の症状が異なります。

 

それは、腰椎の何番目と脚のどの部分が連動するかが決まっているからです。

 

なので、坐骨神経が発生した部分によって、腰のどの部分が悪いのか突き止めることができます。

家庭でもできる坐骨神経痛のテスト

家庭で簡単にチェックするには、「つま先歩き」「かかと歩き」をしてみてください、どちらかの片方でも困難であれば、坐骨神経の障害が疑われます。