「むちうち」で腕や手の痛みやシビレ

ふれあい整骨院

交通事故に遭ってしまった時に身体に及ぶ衝撃は、わたしたちが想像する以上に大きなものです。

交通事故の絵

その衝撃によって発生する症状として、首や背中に痛みを感じることが多くあります。

また、交通事故後の「むちうち」で腕や手に痛み、シビレがあらわれる事もあります。

 

それらの症状の主な原因は、事故の衝撃によっておこる、首にある神経への損傷です。

 

また事故後に筋肉が強く緊張した状態になったり、血流障害によって神経や、腕にある「腕神経そう」が損傷を受けてしまった為に、神経の通る場所へ痛みやしびれが起きてしまいます。

 

症状として、交通事故後の「むちうち」で腕や手の痛み、シビレに加えて、だるさを感じる方も多いようです。

事故後に日常生活で気を付ける事

交通事故の「むちうち」で腕や手の痛み、シビレを感じた時には、首をそらすような姿勢を避けましょう。

首をそらすと、神経を圧迫し腕や手の痛み、シビレをさらに強くしてしまう恐れがあるからです。

また、普段の生活の中で気を付けたいこととして、重い物を持つこと、高い所を見上げたり、高い所の物を取るような動作をなるべく避けましょう。

 

仕事などで、避けたい姿勢や動作にならざるをえないこともあるでしょう、しかし交通事故後はなるべく安静を心がけましょう。

 

事務職などで長時間パソコン作業をされる方は首に負担がかかりますので、交通事故後の腕や手の痛み、シビレを悪化させる場合があります。

 

パソコン作業の際には、パソコンの画面や位置、座る高さなどを調節し、背筋を伸ばして良い姿勢を保つようにしましょう。

 

何分かおきにストレッチをしたり、画面から目を離してリラックスするようにしましょう。