「むちうち」による頭痛

交通事故後に起こる原因不明の頭痛

交通事故後に起こる原因不明の頭痛は、実は事故の後遺症だったという例がしばしばあります。

 

一見すると無関係と思われがちですが、事故の衝撃が原因で骨がゆがんだり、筋肉が傷ついて炎症を起こした結果の、むち打ちの症状の一つなのです。

頭痛

頭痛などは、他に深刻な身体症状が無かったり、医療機関で異常なしと診断された場合は、放置してしまいがちです。

 

また、痛みが急に治まったことを完治したと勘違いしたり、痛みが出ては治まるという状態を繰り返したりなど、厄介な性質があります。

頭痛も交通事故による症状?

事故後の頭痛は、むち打ちの原因となっている首の骨のずれや、軟骨の損傷、骨周囲の筋肉や靱帯の損傷などが引き起こしていることが多いようです。

整骨院 整体院

また、むち打ちの人の多くが、頭痛以外にもめまいの症状も経験します。

 

いずれの場合も、原因であるむち打ちの治療をする必要があります。

 

ちなみにむち打ちの場合、治療の要・不要の判断を自分で下さず、専門家に相談することが大切です。

 

治ったと思っても再発することはあり得ますし、悪化すると起き上がることも困難になるなど、生活に支障をきたす可能性があるからです。