足の痛みやしびれ

ふれあい整骨院

あなたは、こんな症状で 悩んでないですか?

  • 立ち座り、歩行時などに、膝の内側が痛い
  • 膝に水がたまり、腫れることもよくある
  • 尻や太ももの後ろ、つま先、足の裏まで痛みが走ることもよくある
  • 膝の屈伸時に痛んだり、カクッと膝の力が抜けたりする
  • 歩き始めに痛む
  • 脚にしびれを感じたり、感覚がなくなったりする場合がある

膝が痛い

膝の痛みの原因で最も多いのは 、変形性膝関節症です。

変形性膝関節

多くは、立ち座り、歩行時などに、膝の内側が痛みます。

膝に水がたまり、腫れることもよくあります。

腰椎椎間板ヘルニアで、坐骨神経が刺激されるために、坐骨神経痛が起こり、膝をはじめ、お尻や太ももの後ろ、つま先、足の裏まで痛みが走ることもよくあります。

膝の屈伸時に痛んだり、カクッと膝の力が抜けたりする場合には、半月板損傷が考えられます。痛みに伴い、屈伸時に 引っかかりがある場合には、関節鼠のこともあります。

そのほか、慢性関節リウマチなどでも、膝が痛みます。

また、股関節に障害があるときにも、痛みを感じる神経が近いことから、膝に痛みを感じることがあります。

股関節が痛い

最も多いのは、変形性股関節症です。

股関節痛

最初は、歩いた後などに痛むだけですが、だんだんと、痛みが持続するようになります。股関節が動かせる範囲も、狭くなっていきます。

股関節の痛みや腫れが起こり、他の関節にも症状がある場合は、慢性関節リウマチが疑われます。まれですが、過去にアルコールを多飲していたり、副腎皮質ホルモンによる治療を受けた人は、大腿骨頭壊死症も考えられます。

歩きづらい・歩けない

変形性股関節症変形性膝関節症慢性関節リウマチなどでは、関節の痛みや変形により、歩行が困難になります。

膝関節にしても股関節にしても、関節症の場合は、歩き始めに痛むのが特徴です。

脊椎の病気でも、歩行障害が起こることがあります。

脚がしびれる

脚にしびれを感じたり、感覚がなくなったりする場合には、何らかの神経が障害されている可能性が高くなります。

坐骨神経痛

片側の脚の坐骨神経に沿ってしびれる場合には、腰椎椎間板ヘルニアで、背骨の神経が圧迫されていることが考えられます。

歩くとしびれを感じるときは、腰部脊柱管狭窄(症)が考えられます。

この場合、両脚がしびれることが多くなっています。

それ以外にも、いろいろな脊椎の病気で脚のしびれは起こります。

足が痛む

足の親指(母趾)の付け根が腫れて痛むときは、外反母趾が考えれれます。

外反母趾

足の親指の関節が赤くなり、ズキズキうずくような強い痛みを感じる場合は、痛風の可能性があります。

慢性関節リウマチでは、足の関節にも腫れなどの症状が現れます。そのほか、アキレス腱断裂などのけがも多いものです。

ふれあい整骨院 施術法

強い力でグイグイ押したり、骨をボキボキさせて矯正させることはやっておりません
軽く触れながら骨の歪みや筋肉の緊張、神経による痛みを改善させていきます。

さらに呼吸に合わせてやさしく揺らしたり牽引したりしながら、身体を本来の状態に戻していく手法です。

ふれあい整骨院では気持ちよさで改善する身体の自然治癒力を基に施術を行ないます。
気持ちよさを味わうと自然治癒力が引き出され身体が改善しようと働きだします。

背骨や骨盤のズレや歪みなどを、やさしく触れながら矯正して正しいバランスに調整してあげて根本の原因を取り除いていきます 。

さらに、ふれあい整骨院では施術後に必ずもう一度検査して楽になったことを実感してもらうようにしています。

同じ症状で悩むお客さまの声

遠くまで歩くことが出来るようになりをウォーキングしています!

お客様の写真

原稿

歩いて40分ほど時間がたつと、足の裏が痛くなり歩くことができない状態でした。

検査をしても原因がわからないまま他の病院を何件も変わり、2年間通っていました。

ふれあい整骨院に通い始めて、他の病院とは違いその人の痛みにあわせた施術のおかげで楽になり、今では遠くまで歩くことが出来るようになりをウォーキングしています。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足の痛み

関連記事