膝が痛い!オスグッドとは?

なぜ、施術でオスグットは楽になるのか?

下向き矢印

気づかない原因にアプローチから

久留米市のふれあい整骨院にお任せください

「足が痛い!」がなかなか治らないのは…

オスグットで膝が痛い画像

小学生や中学生になれば歩く量もかなり増え、自分で自転車にも乗り、スポーツを習ったり部活動を始めたり、運動量がぐんと増えます。

「ちょっと足が痛いかも…」「歩きづらいな…」「前みたいに走れない…」そんな声をお子さんから聞いたことはありませんか?

そんな時、保護者の方はどのように対処したでしょう。

「激しい運動をしすぎたかな?」「筋肉痛じゃない?」「成長痛かな?」ということで、休ませて市販の湿布を貼っただけ…ということで済ませてしまいがちです。

少しよくなって、また同じ運動やスポーツをやって、結局また痛みが出始めます。

足の痛みが改善しないのは、その痛みが本当に筋肉痛や成長痛なのか?

ということを疑わなかったからかもしれませんよ。

成長期のお子さんがいるご家庭は知ってほしい

オスグットの説明図

小学校高学年から高校生のお子さん、いわゆる成長期に膝周り痛みや腫れなどの症状がある場合は、「オスグッド病」の可能性があります。

膝下5cmあたりに、熱を持っているかどうか確認してみてください。

オスグッド病は、成長期に運動による負荷がかかることによって、膝の腱と軟骨が剥離してしまう状態のことです。

スポーツで膝を曲げたり伸ばしたり、はよくあることでしょう。

特にジャンプをするスポーツ、陸上やバスケットボール・バレーボールなどでは、オスグッド病を発症することが多いと言われています。

通常の生活だけではあまり感じられない、スポーツ病の一種と考えていいでしょう。

成長痛と混合されがちですが、足の中でも「膝(下)だけがずっと痛い」という場合はオスグッド病をまずは考えてもらえると改善への近道となります。

ちゃんとオスグッド病を治したい

オスグットを施術しているところ

オスグッド病の最大の治療方法は、休息と言われています。

けれど、そもそもそのスポーツが好きで取り組んでいたはずです。

病院でレントゲンを撮ってもらい、薬を処方されたけれど、また再開したら痛みが出てきた…ということもあったかもしれません。

根本的にオスグッド病を改善したい場合には、久留米のふれあい整骨院はどうでしょう。

当院の施術は、福岡で唯一の施術法であり、決して苦痛を伴う施術はしておりません。

痛い部位だけでなく根本からの治癒を目指すことで、再び戻ってしまうことを防ぐ狙いもあります。

自宅でのケアを提案してくれる院長と二人三脚で、オスグッド病を改善していきませんか。

電話番号0120-31-8152

メディア掲載

紹介された新聞や雑誌

久留米市のふれあい整骨院 院長からのメッセージ

追伸 痛みは借金と同じです

各種保険取り扱い

オスグット