妊娠中の腰痛だって解消できます

腰痛でお悩みの女性は多いようですが、なかでもとくに辛いのが妊娠中の腰痛だと思います。

 

妊娠中にはお母さんと赤ちゃんの2人分となる重い身体を支えるため、腰にはかなりの負担がかかるもの。

 

腰が痛むだけでなく、背中や肩にまで痛みが広がり、痛みによって眠れないなどといったさまざまな悪影響を及ぼしているようです。

 

さらに心配なのは、妊娠中の腰痛は産後にも続いてしまう場合が多いということ。

 

腰痛が慢性化してしまうと、産後の子育てや家事をこなすのも大変ですよね。

 

妊婦さんがツライのは、妊娠中には満足な治療を受けることができないこと。

 

赤ちゃんへの影響を考えれば、薬を使うのは怖いものですよね。

 

そのため結局、1人で我慢することになってしまうようなのです。

 

そんな妊婦さんの腰痛について、京都大学で調査が行われたそうです。

 

その調査では、妊婦さんの日常の歩行量と腰痛との関連性を調べたのだとか。

 

調査の結果によれば、妊娠中に腰痛を起こした女性は妊娠初期に歩行量を極端に増やし、妊娠後期の歩行量は減少しているそうです。

 

逆に腰痛を起こさなかった女性は安定期になってから歩行量を徐々に増やし、後期になってからも安定した歩行量を保っていたそうです。

 

ということは、妊娠初期に急激に活動量を増やすことは腰痛には悪影響だということ。

 

妊娠中や産後の症状はふれあい整骨院にお任せを!

整骨院 整体院

妊娠して運動不足になることを恐れるあまり、急に運動を始めるなんていうのはダメ。

 

妊娠期を通じて徐々に安定して運動することが望ましいようですね。

 

もしもアナタが「妊娠中だから仕方がない」と1人で腰痛を我慢しているなら、是非、整骨院にお出かけ下さいね。

 

薬を使わずに骨のバランスを整えて血行を促進させて身体が本来もっている治癒力を高めて腰痛を改善しますよ。

※安定期に入る前の妊婦さんは、かかり医にご相談のうえご来院下さい