妊娠初期 腰の痛み

妊娠中のママへ

下矢印

妊娠初期の身体の変化からくる腰痛かもしれません

妊娠中のお母さん

妊娠中のお母さんの身体は、赤ちゃんの成長に伴って劇的に変化します。

見た目だけでは分かりづらい妊娠初期は、特に内部での変化が著しくなります。

リラキシンというホルモンを分泌して、大きくなる子宮を支えられるように、産道を赤ちゃんが通りやすくなるように準備を始めます。

そのため、靭帯や骨盤が緩くなっていくのですが、緩い骨盤やお尻を一生懸命支えようと周囲の筋肉が常に緊張します。

妊娠が経過して身体が重くなってから腰痛になるイメージかもしれませんが、このような身体の変化から妊娠初期から腰痛を感じる人もたくさんいらっしゃいます。

ふらふらする身体を支える必要があります

妊娠中の腰痛

子宮で日々大きくなる赤ちゃん、それに伴う身体の変化、今までと同じような身体の支え方に慣れるまでには時間がかかります。

特に、腰痛を感じている人は、なお更ふらつきを感じるでしょう。

しゃがんでから立つ、振り向く、何かを持ち上げる、全てにおいて身体の重心が定まりません。

そして、起き上がるほど辛い妊娠初期の腰痛に悩まされる方は、日常生活もままならない状態になります。

腰痛以外に出血やつわりや食欲過多の解消、基礎体温が低下したままなどの症状がある方は、かかりつけの産婦人科の受診をお勧めします。

腰痛の症状のみの方は、まずは二つの方法を試してみてください。

  1. ぬるいお風呂にゆっくり入って、骨盤周りを温める
  2. 妊婦専用の腰痛(骨盤)ベルトで、緩くなっている腰回りを支える

どちらも、つらい筋肉をほぐし、サポートしてくれます。

けれども、身体に合わない場合、無理に継続することはやめてください。

産後だけでなく、妊娠中から骨盤調整は大切です

施術風景

妊娠中だからこそ起こる腰痛。

辛い症状を改善したいと思われる方は多いことでしょう。

または、しょうがない…と諦めている方もいらっしゃるでしょう。

久留米の口コミNO,1の整体ふれあい整骨院では、妊娠中の方の腰痛の施術もお受けしています。

妊婦の方、産後の方、緩くなっている骨盤周りの調整が何よりも大切だと勉強してきました。

身体に合った、無理のない施術で安心して妊娠期間を過ごし、出産して欲しいと思っています。

妊娠による腰痛でお悩みの方のご来院、お待ちしております。

※安定期に入る前の方はかかりつけ医にご相談のうえご来院下さい

電話番号0120-31-8152

メディア掲載されました

紹介された新聞や雑誌

みんなの笑顔

メッセージ

追伸

電話番号0120-31-8152