「むち打ち」は急激なくびのしなりによる「ねんざ」

言葉としてもなじみ深い「むちうち症」ですが、これは急激な首のしなりによる「頚椎のねんざ」です。

車の追突事故により起こることはよく知られていますが、ラグビーやスキー、サッカーなどで激しく衝突することでも起こります。

ほとんどの場合、むち打ちは適切な施術をすれば3カ月程度で治癒しますが、なかには深刻な後遺症が残る場合もあります。

むち打ち症の症状は、事故直後から現れることは少なく、翌日または数日後に現れることが多くなかには数か月経って現れる方もいます。

筋肉のみが損傷している場合がほとんどですが、まれにじん帯や椎間板に損傷が起こることもあります。

むち打ちで首を動かしづらい、肩こりがある、動かすと痛みがある、といった症状が現れますが、損傷がひどい場合は、事故直後から激しい痛みがあり、後頭部や肩、腕にも痛みが広がっていきます。痛みが治まってからも、頭痛や吐き気、耳鳴り、倦怠感などに襲われる場合も少なくありません。

脊髄の損傷があると、足にまで知覚障害が出て歩行障害や排尿障害に陥ることもあります。

症状を長引かせないためには、事故直後の処置が大切です。

たとえその場で痛みがなくても、必ず専門医の診察を受けるようにしましょう。

「むち打ち」はふれあい整骨院に

整骨院 整体院

「むち打ち」の施術で、強い力でグイグイ押したり、骨をボキボキさせて矯正させることはやっておりません。
優しく触れながら骨の歪みや筋肉の緊張、神経による痛みを改善させていきます。
さらに呼吸に合わせてやさしく揺らしたり牽引したりしながら、身体を本来の状態に戻していく手法です。
ふれあい整骨院では気持ちよさで改善する身体の自然治癒力を基に施術を行ないます。
首だけではなく背骨や骨盤のズレを、やさしく触れながら矯正して正しいバランス状態に戻してあげることで痛みや後遺症が残らない身体に改善していきます。