むちうち症が招く「バレリュー症候群」とは

むちうちの人

通常、むちうち症は3カ月以内には改善されます。

しかし、くびの痛みとは別に頭痛やめまいなどの不定愁訴を伴うとき、3か月たってもそれらが治まらない場合があります。

それは、むちうち症の後遺症である「バレリュー症候群」です。

バレリュー症候群とは、むちうち症によって自律神経が影響を受けたときに起こる症状です。

症状は幅広く、頭痛や動悸、めまい、吐き気、耳鳴り、聴覚障害、視覚障害、顔のほてりなど。

特に首から上、顔に現れる症状が多いことが特徴です。

自律神経の症状で悩んでいる人

また、倦怠感や疲労感、脱力感、不眠など精神的な不調もあり、これらがストレスとなることで、うつ病などに発展するケースもあります。

いわゆる自律神経失調症に似た症状が現れると考えてよいでしょう。

バレリュー症候群は、むちうち症を発症後、1~3カ月ほど後に現れる場合もあります。

原因となる事故から時間が経っているので、事故とは無関係の不定愁訴だと思われることもあります。

むちうち症の後に何らかの不定愁訴が出てきたら、バレリュー症候群を疑ってみましょう。

説明風景

久留米で口コミNO,1の整体 ふれあい整骨院ではお身体に直接触れることによって、発信されているシグナルを読み取り、的確な施術を行うことを心掛けております。

整骨院のイメージにありがちな骨をボキボキ鳴らす施術や、痛みを伴う施術は行いません。

もし、あなたが交通事故の後遺障害でお悩みなら久留米市のふれあい整骨院へ、お気軽にお立ち寄りください。

むちうち

関連記事