首が回らない

朝起きたら右側を見る事ができるけれども左側は見る事ができない・・・

そんな経験をしたことがある方はたくさんいらっしゃいますよね。

無理に回そうとすればするほど痛みが伴いますし、だんだん頭まで痛くなり鎮痛剤を飲んだり首に湿布を貼ったり、そんな経験をおもちの方もいることでしょう。

首の痛み、首のこり

「寝違えた!」とよく言われますが、不自然な体勢で長時間同じ姿勢のまま眠ると、翌朝肩から背中が強張り、「首が回らない」状態になります。

 

・昨晩たくさんお酒を飲んでしまった。

・授乳したまま眠ってしまった。

・同じ布団で家族と寝ている。

・枕を変えたばかり。

・ソファーなどで寝てしまった。

寝違えなどで起こる首が回らない症状は突然やってきて、そして初期が一番つらいようです。

不思議と何日か経つときちんと動かせるようになり、改善していく時もありますよね。

一定の期間は無理に首を動かさず休めてあげることが一番かもしれません。

しかし、いつおさまるかわからない慢性的な首の痛みはそう簡単にはいきません。

疲労や肩こり、背中の痛みもひどいなど様々な症状も絡みあわせ、なかなか完治することがないのはどうしてでしょう?

首は頭や肩よりも細いですよね。

女性の中には、細くて長い首がうらやましいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、「首」は重くて大事な頭を支えています。

頭の重さはだいたい6~8キロ。

体重の10%が頭の重さと言われていることはご存知でしたでしょうか。

ただでさえ細い首にボーリングの球くらいの重さがのっていると思って下さい。

そして、ただのっているだけではなく、傾くこともあれば回すこともあるのですから首の負担はかなりのものです。

その分神経も筋も筋肉も傷みやすくなってしまいますよね。

首が回らなくなってしまったら!「ふれあい整骨院」へ

整骨院 整体院

「急性」的な痛みは去っても、猫背などで姿勢が悪い、スマホ使用などで同じ姿勢をずっととっている人などは首を痛めやすいということはご想像の通りです。

首が回らないなどツライ状態になってしまったら、久留米市のふれあい整骨院で正しい施術をうけることが改善の一番の早道と言えます。

姿勢の矯正を行い根本原因の改善で長年の痛みを取り除きましょう!