首の痛みや、首が回しにくい、肩がこる、しびれ、筋力低下などの症状がおこる 後縦靭帯骨化症

後縦靭帯骨化症とは

靭帯は骨と骨を連結させ、つながりを補強するものです。

背骨を構成する椎骨の周囲は3本の靭帯で囲まれており、背中側の椎骨はすべて後縦靭帯で補強されています。

靭帯は本来弾力に富んだ固い組織ですが、後縦靭帯にカルシウムが付着し骨のように固くなってしまうのが後縦靭帯骨化症です。

骨化してしまうと脊柱管が狭くなり、中の脊髄を圧迫します。

そのため、首の痛みや、首が回しにくい、肩がこるなどの症状があらわれ、次第に首・肩・腕・手指の痛みやシビレ、筋力低下、運動障害、歩行障害を引き起こします。

さらに悪化すると排尿障害も起きます

靭帯が骨化する原因はわかっていませんが、糖尿病や肥満の人に多く、遺伝的要素も関係しているようです。

東洋人に多くみられ、40歳以上の男性の発症が多いようです。

複数の骨化症が同時におこったり、後縦靭帯以外の靭帯や頸椎以外の脊椎で骨化がおこる事もあります。

靭帯骨化症の対処法は

靭帯が骨化しても症状がでないこともありますが、神経根が刺激され痛みやしびれなどが生じた場合は、頚椎固定装具などを使用し圧迫を改善します。

薬物・理学・運動療法で改善が見られず、日常生活に支障をきたす場合や症状が悪化した場合は手術が必要です。

靭帯骨化があると、強い力が加わると症状が悪化するため、転倒や首を激しく動かすスポーツ、強い力でのマッサージは避けましょう。