骨盤の歪みを直す日常生活の送り方

骨盤が歪む前に時々姿勢を変えましょう

骨盤が歪む姿勢

長時間の同じ姿勢は体がゆがむ最大の原因となります。

パソコンを使う人は猫背になりやすいため、胃腸や呼吸器の病気を招きやすくなります。

座りっぱなしや立ちっぱなしの人は骨盤が歪み腰痛や肩こりをおこしやすくなります。

ときどき意識して反対の姿勢を取りバランスを取りましょう。

背中を丸めて作業する人は胸を張り背筋を伸ばします。

立ち仕事の人は時々座り、座りっぱなしの人はできるだけ歩きます。

カバンは左右交互に持ち、足をどうしても組むときは交互に組み替えるなど工夫しましょう。

横座りや寝そべってテレビを見る姿勢は骨盤が歪むもとです。

スポーツの際にもいつも同じ側ばかり使わないように意識しましょう。

食生活で歪み改善できる

バランスのとれた食事

骨も絶えず新陳代謝を繰り返すのでバランスのとれた栄養が必要です。

肉類の摂取量は穀物や野菜の1/6を目安に食事をとるとバランスが取れます。

他にも就寝前には食べない、食事時に体をねじってテレビを見ない、両方の歯で良く噛むことなどもゆがみ改善に不可欠です

 

体を温め、心を元気にしてゆがみを改善しましょう

お風呂

身体の体温調整システムは急激な温度の低下には弱いようです。

急激な温度低下はひざや背骨の関節にずれを生じさせるため、体の不調や病気を招きます。

夏でも上着や膝掛けを常備し、お風呂で十分に温めるなど体を冷やさない工夫をしましょう。

また、心身が弱っていると骨盤も歪み自然にうなだれて猫背になりがちです。

ストレスは骨盤や姿勢にまで影響を与えます。

プラス思考を心がけ、上手にストレス解消法を身につけましょう。