筋緊張性頭痛・頭重のしくみとは

筋緊張性頭痛とは

筋緊張性の頭痛で悩んでいる人

筋緊張性頭痛頸椎と後頭骨にズレがあり、痛みとともにシビレを伴う場合があります。

首の筋肉がなんらかの原因で常時緊張し、頭痛を引き起こした状態です。

首のコリを治すと頭痛やうつ病が改善されるということも分かっています。

頭痛の原因が脳の病気にあるということはほんのわずかな場合のみです。

やはり頸椎と後頭骨のずれが主な原因ですから、薬で痛みを抑えるだけでは治りません。

頭痛・頭重のしくみを理解しましょう

首のズレの説明図

頭痛の原因の90%は痛みの箇所には原因がありません。

不整脈や肋間神経痛と同じように、例えるなら頭の神経痛のようなものだからです。

頸椎がずれると神経が誤作動をおこし、痛みを引き起こします。

頸椎の椎骨のズレが小さい場合、首の痛みでは無く頭痛となってあらわれます。

このため発熱や微熱などによって頭痛になる場合が多いようです。

鎮痛剤を常用しなければ痛みに耐えられないかもしれませんが、長年の服用は顔のむくみや頭のしびれといった副作用を引き起こしてしまいます。

やはり椎骨のずれを改善することが頭痛解消の近道です。