腱鞘炎・指の痛みやしびれ

腱鞘炎とは

手首の痛み腱鞘炎の人

腱鞘炎は主に肘から下の手の部分にあらわれます。

手首をねじれない、物をつかめないなど症状はさまざまです。

手の使い過ぎなので改善するまで使ってはいけないと言われることもありますが、仕事を休めないことがほとんどです。

特定の指に痛みがでることもあります。

ばね指は中指の場合が多く、しびれは中指から小指にかけて出ることが多いようです。

腱鞘炎・指の痛みやしびれを改善するには

腱鞘炎の施術風景

利き腕が腱鞘炎になると、一時的に休んでも仕事に追われるとまた腱鞘炎になり治りづらくなります。

腱鞘炎になると肩こりも必ず起こってきます。

肩こりも腱鞘炎も骨格の狂いの元が同じだからです。

腱鞘炎の改善には、まず骨盤の歪みを整え背骨を真っすぐにしていきます。

特に頸椎下部と胸椎上部の椎骨のずれを戻します。

次に上腕から腱鞘の悪い所の痛みを取っていく事で腱鞘炎は改善できます。

特定の指に痛みが出たり、ばね指になった場合も腱鞘炎から生じています。

腱鞘炎と同じ施術法で指の痛みも改善できます。